Record China

ヘッドライン:

「私が日本人なら私も中国を侵略」で炎上した男性、釈明で再び注目浴びる

配信日時:2018年10月18日(木) 19時20分
拡大
2018年10月18日、「私が日本人なら私も中国を侵略」との発言で炎上騒ぎを起こした男性ネットユーザーの釈明が、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で高い注目を浴びている。「『精神的日本人』論にコメント」は微博の検索キーワードランキングで一時、トップ10に入った。

この男性は中国のライブ配信大手「斗魚」で、「B総001」の名で配信を行っていた。炎上のきっかけとなったのは「もし私が日本人だったら、当時、同じように中国を侵略していた」などの発言。男性は16日受けた取材で「映像は2年前のもの。悪意ある編集が行われた」「私は精神日本人ではない」と話し、「家族に悪い影響を与えたくない」との思いも口にした。当時、男性は「私も侵略」に続けて、「力がないとひどい目に遭う。そうならないためには強くなるしかない」と語ったそうだ。

男性のこの釈明にも多くのコメントが寄せられており、「精神日本人かどうかは知らないが明らかな人種差別」「中国人の進化は日韓ほど優れてないっていう発言は?」などの声が上がる一方、「精神日本人じゃないというのは信じるけど発言には気を付けた方がいい。何を言っても構わないというわけではないのだから」「今は間違ったことを一言言っただけで許されない時代だ」などの意見も聞かれた。(翻訳・編集/野谷
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

中国人の対日好感度が大幅改善、日本人は9割が中国の印象「悪い」と判断=双方とも過半数が「軍事的脅威感じる」―日中世論調査

言論NPOは中国国際出版集団と共同で実施した「第14回日中共同世論調査」の結果を発表。中国人の日本に対する好感度が大幅に改善したものの、日本側の意識はほとんど変わらず、日中両国民間で認識のズレが生じていることが分かった。写真は発表記者会見。

Record China
2018年10月11日 18時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング