「韓国戦をやり直したい、怒らないのは不可能」=イタリアの英雄が頭部蹴られたあの試合を語る―中国メディア

配信日時:2018年10月16日(火) 16時40分
「あの韓国戦で怒らないのは不可能」=イタリアの英雄が頭部蹴られた試合を語る
画像ID  1033422
15日、中国新聞網によると、サッカー元イタリア代表の伝説的プレーヤーであるパオロ・マルディーニ氏がこのほど、2002年のワールドカップ日韓大会の韓国戦を回顧した。写真はマルディーニ氏。
2018年10月15日、中国新聞網によると、サッカー元イタリア代表の伝説的プレーヤーであるパオロ・マルディーニ氏がこのほど、02年のワールドカップ(W杯)日韓大会の韓国戦を回顧した。

マルディーニ氏は「私が招集を辞退した06年大会でイタリアはW杯チャンピオンになった。これも運命だろう。私はイタリアで素晴らしい時間を過ごした。しかし、私が心からやり直したいと思う試合は02年のW杯の韓国戦だ」とし、「あの試合の前まで、私は審判の判定に怒ったことは一度もなかった。だが、あの日は怒らないことは不可能だった」と語ったという。

02年のW杯で、イタリア代表はベスト16で韓国に敗れた。試合では、イタリアのゴールが取り消されたり、エースのトッティが退場処分になったりするなど、不可解なほどに韓国に有利な判定が相次いだことは、サッカーファンの間では語り草になっている。なお、マルディーニ氏はこの試合で韓国のイ・チョンスに頭部を蹴られているが、イ・チョンスは退場になっていない。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事