Record China

ヘッドライン:

「韓国戦をやり直したい、怒らないのは不可能」=イタリアの英雄が頭部蹴られたあの試合を語る―中国メディア

配信日時:2018年10月16日(火) 16時40分
拡大
2018年10月15日、中国新聞網によると、サッカー元イタリア代表の伝説的プレーヤーであるパオロ・マルディーニ氏がこのほど、02年のワールドカップ(W杯)日韓大会の韓国戦を回顧した。

マルディーニ氏は「私が招集を辞退した06年大会でイタリアはW杯チャンピオンになった。これも運命だろう。私はイタリアで素晴らしい時間を過ごした。しかし、私が心からやり直したいと思う試合は02年のW杯の韓国戦だ」とし、「あの試合の前まで、私は審判の判定に怒ったことは一度もなかった。だが、あの日は怒らないことは不可能だった」と語ったという。

02年のW杯で、イタリア代表はベスト16で韓国に敗れた。試合では、イタリアのゴールが取り消されたり、エースのトッティが退場処分になったりするなど、不可解なほどに韓国に有利な判定が相次いだことは、サッカーファンの間では語り草になっている。なお、マルディーニ氏はこの試合で韓国のイ・チョンスに頭部を蹴られているが、イ・チョンスは退場になっていない。(翻訳・編集/北田
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

<サッカー>「日韓W杯はすべてが透明だった」「イタリア紙の主張はまったくのデタラメ」=モレノ主審が疑惑を一蹴―中国メディア

1日、網易体育によると、国際サッカー連盟の汚職をめぐる問題で、2002年に開催された日韓ワールドカップでの審判による「韓国寄り」のジャッジに再び注目が集まるなか、渦中の審判が自身の見解を激白した。写真はソウルの日韓W杯記念館。

Record china
2015年6月2日 20時10分
続きを読む

<サッカー>「韓国に敗れた後に泣いた」=イタリアの英雄、「疑惑」の日韓W杯を振り返る―中国メディア

16日、騰訊体育によると、イタリアの伝説的なサッカー選手で、史上最高の左サイドバックと称されたパオロ・マルディーニ氏が、インタビューで2002年の日韓W杯と中国のサポーターについて語った。写真はマルディーニ氏。

Record china
2016年6月16日 23時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング