香港サポーターがまたやった!中国国歌演奏に背を向けブーイング=中国メディアは「怒」

配信日時:2018年10月15日(月) 21時30分
香港サポーターが中国国歌演奏に背を向けブーイング=中国メディア「怒」
画像ID  1033245
香港メディア・大公網によると、11日に行われたサッカーの香港対タイの親善試合の中国国歌演奏の際、香港のサポーターが背を向けたり、ブーイングをしたりした。資料写真。
香港メディア・大公網によると、11日に行われたサッカーの香港対タイの親善試合の中国国歌演奏の際、香港のサポーターが背を向けたり、ブーイングをしたりした。中には「我関せず」と携帯電話をいじっている観客もいたという。

中国メディアの杭州網は、「怒!またこんなことが起きた!」と題する記事でこれを伝えた。

同様の騒動は過去にも頻発しており、過去には「香港は中国ではない」「香港独立」などのプラカードが掲げられたこともあった。香港サポーターによる度重なる国歌へのブーイングについて、国際サッカー連盟(FIFA)やアジアサッカー連盟(AFC)から警告や罰金が科されたこともある。

昨年、中国で成立した、国歌を侮辱した者を刑事罰の対象とする「国歌法」は、香港の憲法にあたる香港基本法にも盛り込まれたが、香港サポーターの反発は依然根強いようだ。(翻訳・編集/北田

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/10/16 08:13)

    日本でも学校行事で『君が代』を歌わなかった教師が処分されたことがあったが、中国を参考にしてもう一度考えてみたい。確かに生徒の模範となるべき教師が規律を乱すことは良くないが、中国と同じ抑圧社会になるのも考えものである。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事