Record China

ヘッドライン:

香港サポーターがまたやった!中国国歌演奏に背を向けブーイング=中国メディアは「怒」

配信日時:2018年10月15日(月) 21時30分
拡大
香港メディア・大公網によると、11日に行われたサッカーの香港対タイの親善試合の中国国歌演奏の際、香港のサポーターが背を向けたり、ブーイングをしたりした。資料写真。

香港メディア・大公網によると、11日に行われたサッカーの香港対タイの親善試合の中国国歌演奏の際、香港のサポーターが背を向けたり、ブーイングをしたりした。中には「我関せず」と携帯電話をいじっている観客もいたという。

中国メディアの杭州網は、「怒!またこんなことが起きた!」と題する記事でこれを伝えた。

同様の騒動は過去にも頻発しており、過去には「香港は中国ではない」「香港独立」などのプラカードが掲げられたこともあった。香港サポーターによる度重なる国歌へのブーイングについて、国際サッカー連盟(FIFA)やアジアサッカー連盟(AFC)から警告や罰金が科されたこともある。

昨年、中国で成立した、国歌を侮辱した者を刑事罰の対象とする「国歌法」は、香港の憲法にあたる香港基本法にも盛り込まれたが、香港サポーターの反発は依然根強いようだ。(翻訳・編集/北田

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国の国歌法、香港にも適用、侮辱で懲役3年と罰則も強化、「一国二制度」の本土化着々

替え歌やブーイングなどの侮辱を禁止した中国の国歌法が香港にも適用される。罰則も強化された。香港は「一国二制度」によって高度な自治が保障されているはずだが、その建前とは裏腹に「本土化」が着々と進んでいる。写真は中国の国歌が印字された切手。

Record China
2017年11月12日 5時30分
続きを読む

<サッカー>中国国歌に香港サポーターがブーイング、FIFAが罰金科す―中国メディア

5日、新華網は記事「FIFA、香港サッカー協会に3万9900香港ドル(約61万7000円)の罰金=サポーターの中国国歌ブーイングに処罰」を掲載した。今後同様の事態が起きた場合はさらに重い処罰を科すと警告している。写真は中国国旗と香港特別行政区区旗。

Record China
2015年10月7日 11時22分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング