Record China

ヘッドライン:

【動画】「ごみかと思った」=中国の宅配業者が荷物を乱暴に扱い物議

配信日時:2018年10月14日(日) 17時20分
拡大
中国の貴州省貴陽市でこのほど、宅配業者が荷物を乱暴に扱ったとして物議を醸している。

中国の貴州省貴陽市でこのほど、宅配業者が荷物を乱暴に扱ったとして物議を醸している。

中国の動画サイト・梨視頻が10月11日に掲載した動画には、トラックから荷物が次々に投げ出される場面が映っている。目撃者の男性はこれについて、「最初はごみかと思ったが、良く見たら配達物だった。この業者を利用したことがあり、荷物が破損したことがある。この業者の今回のような行為は何度も目撃したことがある。われわれ利用客の大きな損害となる」と語っていた。

一方、宅配業者側は「もちろんこのような行為は許されない。事実が確認できれば罰金の対象となる。具体的な処罰については責任者が決める」と述べた。この映像を見たネットユーザーからは、「珍しいことではない。私が過去に受け取った宅配物の大部分は荷物が汚れているか包装が変形していた。明らかに乱暴な扱いをした結果だ」「荷物を乱暴に扱う人間を投げ捨てたい」と否定的な声が目立った。(翻訳・編集/内山

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国人の対日好感度が大幅改善、日本人は9割が中国の印象「悪い」と判断=双方とも過半数が「軍事的脅威感じる」―日中世論調査

言論NPOは中国国際出版集団と共同で実施した「第14回日中共同世論調査」の結果を発表。中国人の日本に対する好感度が大幅に改善したものの、日本側の意識はほとんど変わらず、日中両国民間で認識のズレが生じていることが分かった。写真は発表記者会見。

Record China
2018年10月11日 18時50分
続きを読む

ランキング