著名軍事専門家が日本の潜水艦「おうりゅう」を分析=中国ネット「技術は中国より10年進んでいる」「どうやって倒せば…」

配信日時:2018年10月9日(火) 11時40分
「どうやって倒せば?」=軍事専門家が日本の「おうりゅう」分析、中国ネットで反響
画像ID  1031632
6日、中国の著名な軍事専門家・張召忠氏が自身の微博アカウント上で、このほど進水式を終えた日本のおうりゅう潜水艦について解説した。資料写真。
2018年10月6日、中国の著名な軍事専門家・張召忠(ジャン・ジャオジョン)氏が自身の微博アカウント上で、このほど進水式を終えた日本のおうりゅう潜水艦について解説した。

張氏は自身の微博アカウント「局座召忠」で、「4日に日本のそうりゅう型通常動力潜水艦の11番艦おうりゅうが進水した。全長85メートル、水中排水量3300トンで世界最大級のトン数と最高レベルの性能を持つ通常動力潜水艦だ。同型潜水艦は2023年までに13隻を建造予定で、現在すでに9隻が就役している」と紹介した。

また、おうりゅうの動力について「従来の鉛蓄電池に代わり、リチウムイオン電池を採用している。これは潜水艦技術において画期的な革命だ!従来の鉛蓄電池は人1人ほどの高さでありながら充電に時間がかかる割に電力が十分でなく、水面に浮上して充電しなければならなかったからだ」としている。

さらに、おうりゅうは酸素を必要としないスターリングエンジンを採用する、いわゆる非大気依存(AIP)動力で、水中で2週間連続して作業することが可能であること、電池の体積や重さが明らかに小さくなった一方でエネルギー密度は数倍に、電池容量も3倍以上に増加して原子力潜水艦に匹敵するスペックになったこと、艦内の空間増加と情報化レベルの向上を実現したことを伝えた。そして、このハイスペックな潜水艦を建造したのが民間企業の三菱重工であることにも言及した。

おうりゅうに対する張氏の評価に対し、中国のネットユーザーは「日本の科学技術が中国より10年以上リードしていることを認めないわけにはいかない」「いや、10年どころか20年ぐらいはリードされている」「わが国が追いつくには、科学と教育の重視が必要だ」「日本の軍備工業の発展については、本当に真剣にかつ厳粛に見つめなければ駄目。そうりゅう型潜水艦は、われわれにとって強敵だ」「三菱重工は第2次世界大戦中に多くの戦艦や飛行機を造ってたからな」などといった感想を寄せている。

一方「わが国は画期的なグラフェン電池を開発したのではないか」との意見もあったが、これには「実用化に20年はかかる」と説明するユーザーも見られた。また「では、どうやっておうりゅうを倒したらいいか、教えてください」とするユーザーもいた。(翻訳・編集/川尻
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • law***** | (2018/10/09 15:45)

    天下を治める為には、先ず、自分の行いを正しくし、そして家庭を整え、次いで天下を治めると言うのが原則である。例えば、ハードウェアを重視するが余りソフトウェアがとかく軽視されがちとなるが、結果としてマッチしない地帯が生まれ、また、何処かに手着かずの箇所が現れ、そしてこれらが管理上の盲点となる。これ等の意味に於いて民主主義の国家ではそれらの盲点を無くしつつ真空を満たしてきているが、そこで台湾でも永久平和憲章で模範を示しつつ、そして今後の中国の民主化を台湾が導いていきたい。また、台湾が中国を民主化に導く事により世界50ヶ国で迫害されているそれらの人々の開放を速やかに採られる事を望みたい。本来、真の民主国家とは何の武力も持たずに核戦争が排除出来るものを指す。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/10/09 15:36)

    >どうやっておうりゅうを倒したらいいか、教えてください 戦争をしなければ負けることもない。もし日米を相手に戦争すれば〈おうりゅう〉を倒しても、中国に勝利はないだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ハムス***** | (2018/10/09 12:32)

    公式にはおうりゅうにAIPは搭載されてない筈だが…
    このコメントは非表示に設定されています。
    51 2
最新ニュースはこちら

SNS話題記事