Record China

ヘッドライン:

中国駆逐艦が米イージス艦に異常接近、中国国防部「米国が勝手に南シナ海に進入」―仏メディア

配信日時:2018年10月3日(水) 13時20分
拡大
2日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、南シナ海を航行中の米イージス駆逐艦に中国軍の駆逐艦が異常接近したと報じた。資料写真。

2018年10月2日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、南シナ海を航行中の米イージス駆逐艦に中国軍の駆逐艦が異常接近したと報じた。

記事は米イージス駆逐艦ディケーターが9月30日、「航行の自由」作戦の名目で南シナ海の中国が領有権を主張する島しょから12海里以内を航行したと伝えたうえで、米海軍将校が今月1日に「中国軍官に危険な距離にまで接近され、航路の変更を迫られた」と明かしたことを紹介している。

米太平洋艦隊のクリステンセン副報道官は「中国の駆逐艦は粗暴かつ危険に、まるで素人が操縦しているかのようにディケーター号に接近した。その距離は45ヤード以内で、衝突を避けるために航路を変更した」とコメントしている。

これに対して中国国防部は「ディケーターが南シナ海のわが国の島付近海域に勝手に進入したため、中国海軍170艦が即時行動した。法規に基づき船の識別を実施するとともに、海域から出るよう警告した。中国の主権と安全を著しく脅かし、中米関係や地域の平和・安定に重大な損害を与える行為だ」と非難声明を発表している。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

海自潜水艦、南シナ海で訓練、軍事拠点化の中国けん制、異例の初公表にも中国の反応は抑制的

南シナ海で海上自衛隊の潜水艦などが訓練を実施したと防衛省が発表した。潜水艦の南シナ海での訓練公表は初めてで、潜水艦の行動を明かすのも異例。中国をけん制する狙いとみられるが、中国の反応は抑制的だった。資料写真。

Record China
2018年9月22日 11時30分
続きを読む

南シナ海問題で米国を批判「横行の自由は阻止せねばならない」=中国駐英大使

中国の劉暁明駐英国大使は19日、南シナ海問題について「何人も中国の意思と決意を低く見積もってはならない」などと主張した。米軍が続けている「航行の自由作戦」については「横行の自由だ」と述べ「阻止せねばならない」と論じた(写真)。

Record China
2018年9月21日 9時50分
続きを読む

ランキング