米評価機関の軍事力ランキングで中国3位、日本と韓国はそれぞれ何位?

配信日時:2018年9月25日(火) 6時0分
米評価機関の軍事力ランキングで中国3位、日本と韓国はそれぞれ何位?
画像ID  1027551
23日、騰訊網に、米国の軍事力評価機関グローバル・ファイヤーパワーが発表した2018年度の「軍事力ランキング」について紹介する記事が掲載された。資料写真。
2018年9月23日、騰訊網に、米国の軍事力評価機関グローバル・ファイヤーパワーが発表した2018年度の「軍事力ランキング」について紹介する記事が掲載された。

記事によると、ランキングは50以上の要素に基づき、世界136カ国の軍事力を評価したもので、使える武器の総数ではなく武器の多様性が考慮された。特に人的資源に注意が向けられたほか、地理条件、物流能力、自然資源、工業の状況なども対象となった。

その順位は米国が1位で、ゼロに近づくほど軍事力が高いとされる「軍事力指数」は0.0818だった。2位以下はロシア(0.0841)、中国(0.0852)、インド(0.1417)、フランス(0.1869)、英国(0.1917)、韓国(0.2001)、日本(0.2107)、トルコ(0.2216)、ドイツ(0.2461)が入った。

中国に関しては「技術の成熟に伴い、中国の武器の性能は人を引き付けるものとなった。軍事力も拡大を続けている」との指摘があり、韓国は「将来性のある複数の防衛計画が進められている」、日本は「中国、ロシアなどの圧力を受け、軍事力を拡大している」とされた。(翻訳・編集/野谷
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • law***** | (2018/09/25 14:22)

    天下を治める為には、先ず、自分の行いを正しくし、そして家庭を整え、次いで天下を治めると言うのが原則である。例えば、ハードウェアを重視するが余りソフトウェアがとかく軽視されがちとなるが、結果としてマッチしない地帯が生まれ、また、何処かに手着かずの箇所が現れ、そしてこれらが管理上の盲点となる。これ等の意味に於いて民主主義の国家ではそれらの盲点を無くしつつ真空を満たしてきているが、そこで台湾でも永久平和憲章で模範を示しつつ、そして今後の中国の民主化を台湾が導いていきたい。また、台湾が中国を民主化に導く事により世界50ヶ国で迫害されているそれらの人々の開放を速やかに採られる事を望みたい。本来、真の民主国家とは何の武力も持たずに核戦争が排除出来るものを指す。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • MR***** | (2018/09/25 10:29)

    軍事力ランキング等、あってはならないもの。 比較しているうちに戦争になりそう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 禁断の***** | (2018/09/25 08:30)

    え、日本って韓国より弱いの?見方の1つだとは思うけど韓国そんな強いとは思えないんだけど。まぁとりあえず言えることは領土守りたければもっと自衛隊を強くしないといけないって事だな。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事