日本人による「慰安婦像への蹴り」問題、国民党議員が日本行き検討―台湾メディア

配信日時:2018年9月13日(木) 19時10分
日本人による「慰安婦像への蹴り」問題、国民党議員が日本行き検討
画像ID  1024580
12日、台湾の国民党台南市党部横に設置された慰安婦像に「慰安婦の真実国民運動」の藤井実彦氏が蹴りを入れたとされる問題で、国民党の謝龍介台南市議が日本を訪れて藤井氏に直接問い質すことを排除しないとの考えを示した。写真は台南の慰安婦像。
2018年9月12日、台湾の国民党台南市党部横に設置された慰安婦像に「慰安婦の真実国民運動」の藤井実彦氏が蹴りを入れたとされる問題で、国民党の謝龍介(シエ・ロンジエ)台南市議が日本を訪れて藤井氏に直接問い質すことを排除しないとの考えを示した。台湾メディア・中央通訊社が伝えた。

記事によると、謝市議はこの日、「藤井氏は自身の悪質な行為に向き合うどころか、うそで覆い隠そうとした」などとする文章を発表。「藤井氏が監視カメラの映像は捏造(ねつぞう)と指摘したことは自分の名誉権をひどく傷付けた」と述べ、自身が先日公開した映像には藤井氏の像に対する意図的な軽蔑、侮辱の動作がはっきりと映し出されているとの考えを示した。

謝市議は「映像に捏造などなく、近日中にその全てを再度公開する」とし、「藤井氏が公開対決を望むなら(藤井氏が台湾を訪れるための)航空運賃を支払いたい」とも言明。さらに自身が日本を訪れる可能性があることも挙げ、「藤井氏に面と向かって質問し、台湾を訪れて慰安婦像に向かって謝罪すること、慰安婦に対する非礼な言論を撤回することを求める」と述べた。(翻訳・編集/野谷
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事