台湾の慰安婦像蹴った日本人に、国民党関係者「韓国で同じことができるか?」―仏メディア

配信日時:2018年9月11日(火) 10時20分
台湾の慰安婦像蹴った日本人に、国民党関係者「韓国で同じことできるか?」
画像ID  1023578
10日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、日本人の活動家が台湾・台南市の国民党支部敷地に設置された慰安婦像を蹴ったとされる映像が拡散し、現地で活動家に対する批判が噴出していると報じた。写真は慰安婦像に蹴りを入れる様子。
2018年9月10日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、日本人の活動家が台湾・台南市の国民党支部敷地に設置された慰安婦像を蹴ったとされる映像が拡散し、現地で活動家に対する批判が噴出していると報じた。

記事によると、台南市の「慰安婦人権平等促進協会」の代表者数十人が10日午前に台北市の日台交流協会ビル前に集まり、日本の民間団体代表・藤井実彦氏が慰安婦像を蹴ったとする映像を公開するとともに抗議活動を行った。沼田幹夫・日本台湾交流協会台北事務所長との面会を求めたほか、謝長廷(シエ・チャンティン)駐日代表に対して日本政府への抗議を要求したという。

現場では抗議に参加した群衆と警察官が一時的にもみ合いとなる事態も発生したとのことだが、最終的に日台交流協会の関係者が出てきて陳情書を受け取ったという。

この騒動に、台湾外交部の李憲章(リー・シエンジャン)報道官は「政府は台湾人慰安婦問題を注視し続けており、この問題の処理と慰安婦の尊厳維持における立場に変化はない。今後も引き続き日本側と積極的に交渉し、日本に台湾人慰安婦の権利と尊厳を重んじるよう呼び掛ける」とコメントした。

「慰安婦人権平等促進協会」の黄淑貞(ホアン・シュージェン)会長は「慰安婦像設置は対立を起こすためではなく、市民が歴史を忘れないように、日本政府が誠実な態度で過去の責任と向き合うことを望むからだ」と発言。国民党台南支部の謝龍介(シエ・ロンジエ)主任委員は「沼田所長がうまく処理しなければ、日台関係に危害が及びうる」と語っている。

また、台湾総統府の羅智強(ルオ・ジーチアン)元秘書長はSNS上で「藤井氏は台湾に来て虚勢を張っているが、韓国の慰安婦像を蹴りに行く勇気はないようだ。台湾にやって来てこんなことをするのは、100%民進党の日本にこびる態度のせいだ」とコメントした。

記事はまた、この件について台湾のネットユーザーからも非難の声が寄せられたことを併せて伝えている。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事