Record China

ヘッドライン:

日本人が台南の慰安婦像に蹴り―台湾メディア

配信日時:2018年9月10日(月) 12時20分
拡大
10日、台湾・中時電子報は、台南市に設置された慰安婦銅像に日本人が蹴りを入れたことに対し、像設置を主導した謝龍介市議が厳正に抗議したと報じた。写真は台南の慰安婦像。

2018年9月10日、台湾・中時電子報は、台南市に設置された慰安婦銅像に日本人が蹴りを入れたことに対し、像設置を主導した謝龍介(シエ・ロンジエ)市議が厳正に抗議したと報じた。

記事は「台南市慰安婦人権平等促進協会が先月、国民党台南市党部横の空き地に慰安婦銅像を設置したことが、日本国内でも大きな関心を集めている」とした上で、「日本の(複数の保守系の民間団体でつくる)慰安婦の真実国民運動の藤井実彦氏がこのほど、台南で党部主委と慰安婦資料問題について討論した後、慰安婦銅像に蹴りを入れる姿が監視カメラに収められていたことを受け、謝龍介市議が9日、フェイスブックに厳正な抗議声明を発表し、日本台湾交流協会に出向いて協会と藤井氏に謝罪を求めると同時に、謝長廷(シエ・チャンティン)駐日台湾代表に対し、日本の首相に厳正な抗議を伝えるよう求めることを表明した」と報じた。

記事によると、謝龍介市議は「藤井氏は現場に展示されている慰安婦関連資料について私と討論するだけだと思っていた。だが市民から、藤井氏が銅像に蹴りを入れるという不敬な行為をしたと伝えられ、党部がすぐに監視カメラの映像を確認したところ、藤井氏が銅像に蹴りを入れる場面が録画されていた」などと説明しているという。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

台湾の慰安婦像、設置場所が競売に=駐日台湾代表の国民党批判「反日感情に期待して設置」に物議

台湾では野党・国民党が主導して旧日本軍の慰安婦の像が設置された。設置場所の国民党支部の土地・建物が競売にかけられたことに関連して台湾の駐日代表は「反日感情に期待して像が置かれた」などと国民党を批判し、物議を醸している。写真は台南の慰安婦像。

Record China
2018年9月8日 15時0分
続きを読む

ランキング