海外で慰安婦問題PRが盛んに、米サンフランシスコで写真展―中国メディア

配信日時:2018年9月7日(金) 5時50分
海外で慰安婦問題PRが盛んに、米サンフランシスコで写真展
画像ID  1022194
6日、中国日報は、米サンフランシスコの州政府ビルで5日、慰安婦写真展が開幕したと報じた。
2018年9月6日、中国日報は、米サンフランシスコの州政府ビルで5日、慰安婦写真展が開幕したと報じた。

記事によると、写真展は、市民団体「慰安婦正義連盟」が主催するもので、中国、韓国、日本、フィリピン、オランダの故人を含む12人の元慰安婦の写真や関連資料などが展示されている。

州政府ビルでの展示は今月21日までで、その後、サンフランシスコ市立短大の「中国城分校」で10月19日まで展示される。

慰安婦正義連盟の代表で、サンフランシスコ連邦高裁元判事のトウ夢詩氏は「カリフォルニア州下院と米国議会は1997年と2007年にそれぞれ、慰安婦問題で日本政府に謝罪を求める決議を採択した。だが現在まで日本の右翼は歴史を否定し、日本政府は正式に謝罪していない。州政府ビルでの写真展は大きな意味のあるものであり、多くの人にこの間の歴史に関心を持ってもらいたい」と話している。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事