<コラム>中国軍の大きな弱点、軍用ジェットエンジン技術の現状

洲良はるき    2018年9月2日(日) 14時40分

拡大

元米上院外交顧問が、ウクライナによる中国への軍用ジェットエンジンの供与について、「背信行為」だとして抗議している。写真は中国の戦闘機・J―20。

元米上院外交顧問が、ウクライナによる中国への軍用ジェットエンジンの供与について、「背信行為」だとして抗議している。

8月14日に中国国営メディアが、中国の新型ジェット練習機「洪都 JL―10」の公開を報じた。JL―10練習機は、中国海軍の空母パイロットの訓練に使用されると公式に中国軍が発言している。

ワシントンタイムズ紙(2018年8月15日付)によると、中国政府が発行する英字メディア・チャイナデイリー(中国日報)には、最初の12機のJL―10練習機がウクライナのジェットエンジンを使用していることがご都合主義で書かれていないとしている。

中国の軍用ジェットエンジン技術は、ここ約十年にわたって中国軍の大きな弱点のひとつと言われてきた分野だ。

ワシントンタイムズ紙によると、2016年に中国の12機のJL―10練習機のために、ウクライナは20基のエンジンを販売した。同紙によると、トランプ政権がウクライナに圧力をかけて、他の軍用製品の譲渡と同様に、中国へのエンジンの販売をやめさせるべきだと批評家たちが主張しているという。

中国のジェットエンジン生産問題を解決するためウクライナが支援している、とアメリカの中国専門家で元アメリカ合衆国上院外交顧問のウィリアム・トリプレットは抗議している。「中国海軍のパイロットが空母への着艦を学ぶペースを加速度的に早くする手助けをすることを、アメリカは望まない」とトリプレットは不満を述べる。ウクライナのエンジンで飛行する空母パイロット用中国ジェット練習機が公開されたのは、アメリカ国防総省がウクライナ軍を援助するために2億ドルを提供すると発表してから、わずか1カ月後のことであった。

一方、環球網(2018年8月20日付)によると、ウクライナ急進党党首オレグ・リャシコ議員が、批判に対して反論している。リャシコ議員はフェイスブックで次のように発言した。「ウクライナのモトール・シーチ社の航空機エンジンが中国に売られるのを、アメリカ人が批判している。けれども、ウクライナが中国に航空機エンジンを売るのをアメリカ人が嫌がるのなら、アメリカがウクライナの航空機エンジンを買うべきだ。ウクライナが中国に売ることを禁止しながら、アメリカが買わないのなら、モトール・シーチ社は破産するしかなく、高度な技術を持つ数千人のウクライナ人が失業することになる」。

かつて、ウクライナはソビエト連邦の一部として、多くの軍需にかかわる製品を製造していた。しかし、ソ連が崩壊し、ウクライナの軍需産業はソ連という最も重要な顧客を失った。ソ連崩壊後に至っても、多くの軍需品をウクライナはロシアに供給していたが、2014年のロシアによるクリミア併合ではじまったウクライナ危機で、ウクライナとロシアとの軍事産業分野での断絶は決定的なものとなる。内需の少ないウクライナの軍需産業は、製品の販売先の大部分を海外の顧客に頼っていた。

ロシア軍事アナリスト小泉悠氏は、日本語ウェブメディアJBpress(2014年4月24日付)『ウクライナで軍事技術流出の危機』で、次のように書いている。「ロシアがウクライナに依存していたのと同様、ウクライナもまた、ロシアに大きく依存していたわけだが、両国の断交が今後も続けば、ウクライナ軍需産業がたちまち苦境に陥るであろうことは容易に想像がつく。(中略)そこで懸念されるのが、技術流出である」。

ウクライナの中国への軍需品の提供は多岐にわたっている。ウクライナから製品そのもの、もしくはライセンス生産などで中国に提供された軍需品としては、航空機や軍用ヘリコプター用のエンジン、戦車用ディーゼルエンジン、軍艦用のガスタービンエンジンをはじめ、その他多くのものが存在する。

中国の空母である「遼寧」は、元はソ連の未完成空母「ヴァリャーグ」だったのは、よく知られているところだ。ヴァリヤーグはウクライナの造船所で建造されていた。ソ連が崩壊すると、ヴァリヤーグは完成に至らず放置されていたが、それをスクラップとして中国が購入し、完成させたのが現在の中国空母遼寧だ。

多維新聞(2017年9月4日付)によると、ウクライナの技師バレリー・バビッチ氏が、中国の空母遼寧の再生・建造においてコンサルタントをしたという。バレリー・バビッチ氏は、ウクライナの造船事業で働いていた設計技師だ。しかも、遼寧の前身である空母ヴァリヤーグの建造においては、バビッチ氏は同空母の設計技師長を勤めていたという。バレリー・バビッチ氏はソ連時代の数多くの空母や巡洋艦の設計・建造のブレインとして高く評価されていた人物である。つまり中国空母遼寧の建造においては、ソ連時代の空母建造を担っていたウクライナ造船所の技術者が直接に顧問をしているということになる。遼寧建造にはウクライナの数多くのオリジナルの技術やノウハウが投入されているといってよい。多維新聞の報道が事実なら、もはや遼寧は中国独自のただの劣化コピー品とは言えない。

//

中国がまだ大量に運用するのに問題を抱えているとされるWS―10エンジンは、ロシアからすれば基本は約20年、もしくはそれ以上も前から実用化されていたAL―31という古いエンジンに相当するものにすぎない。ロシアの最新戦闘機Su―35には、WS―10やAL―31よりずっと高性能なエンジンが搭載されており,第5世代ステルス戦闘機であるSu―57用のさらに高性能なエンジンも開発中だ。

中国もWS―15という次世代エンジンの開発を続けている。中国メディアのWS―15に関する報道はしばしば威勢がいい。去年、中国政府メディアは、WS―15がアメリカのプラット・アンド・ホイットニーF119エンジンに性能で匹敵すると喧伝していた。F119エンジンは、アメリカのF―22ステルス戦闘機に採用されている非常に高性能なエンジンだ。しかし少なからぬ西側専門家たちは、WS―15にはまだ信頼性など、多くの問題があるとしている。

2015年に中国のWS―15エンジンが地上テストで爆発した、とサウスチャイナ・モーニング・ポスト(2018年2月10日付)が伝えている。エンジンが爆発した理由はさまざまで複雑だが、ひとつの原因としては、WS―15エンジンのタービンブレードの品質管理に問題があると考えられている。同記事では、この問題は未だ解決されていないとしている。

第5世代ステルス戦闘機としては低性能なエンジンを搭載している現在のJ―20には、推力不足が指摘されている。推力が足りない場合には、高速をだすためにはアフターバーナーを使用する必要がある。アフターバーナーは燃料消費が非常に激しく、ごく短時間しか使用できないと同時に、激しい炎を出すので赤外線センサーで探知されやすくなり、ステルス機にもかかわらず敵に見つかりやすくなってしまう。

中国航空工業集団の最高経営責任者、林左鳴が去年中国国営メディアに語ったところによると、中国はWS―10エンジンに改良を施し、稼働時間は800時間から1500時間に達したという。

英字軍事問題報道サイト、ストラテジーページ(2018年7月28日付)によると、中国のJ―11戦闘機用に約300基のWS―10が製造されたとしている。ロシアのAL―31Fエンジンより、中国のWS―10Aエンジンの方が優れていると中国側は主張しているという。ロシアのAL―31エンジンの稼働時間は900時間だったが、改良を施して1500時間にまで伸ばしていた。しかし、最近ではその稼働時間は2000時間にまで達したという。国産エンジンがあるにもかかわらず中国がAL―31をロシアから購入しているのは、十分な数のWS―10を生産できないからだという報道もある。ストラテジーページでは、中国のWS―10エンジンには深刻な信頼性問題があり、そのため使用できるエンジンの数が限られてしまっているとしている。

現在、世界で最も進んでいる航空機エンジンを製造する三大メーカーが、アメリカのゼネラル・エレクトリック社とプラット・アンド・ホイットニー社、そしてイギリスのロールス・ロイス社だ。華中科技大学でレーザー加工技術を学んだ彭家暉教授によると、ゼネラル・エレクトリック社、プラット・アンド・ホイットニー社、ロールス・ロイス社で働いた多くの中国人研究者や中国人技術者が、中国に帰国して働くことでジェットエンジン開発のペースを著しく加速させているという。

技術の向上という点では、中国の軍用航空エンジン需要の大きさも見逃せない。中国軍はアメリカ軍には負けるものの、非常に多くの戦闘機を所有している。大量に生産・運用すれば、その分、経験を得る機会も増大し、多くのノウハウが蓄積されていく。

現在に至っても、中国が軍用ジェットエンジン技術で、アメリカやロシアに大きな差をつけられているというのは事実である。しかし、中国はリバースエンジニアリングによる海賊コピーやスパイ行為、サイバー攻撃を通じて最新技術を盗むなどして、なりふりかまわない。中国は、急速にその技術力を進歩させている。航空機エンジンの分野で中国がウクライナと提携することで、広範囲にわたって中国の研究・開発が加速することになるだろう。アメリカとの差はまだ少なくないとはいえ、軍事航空機エンジン技術で、中国との差は縮まり続けている。

今回、ウクライナ製のエンジンが搭載されているとして批判を受けた「洪都JL―10」はジェット練習機である。高性能なジェット戦闘機を自由に操るには高度な技量と多くの訓練時間が必要になる。しかし、高性能な戦闘機は1時間飛ばすだけで、燃料やメンテナンスのために何万ドルというコストがかかるのが通例だ。戦闘機パイロットは高性能なジェット戦闘機の操縦桿を握る前に、小型で軽い練習機でさまざまなことを学ぶ。JL―10ジェット練習機にはウクライナ製「イーウチェンコAI―222」ターボファンエンジンが2基搭載されている。

中国中央軍事委員会公認で人民解放軍が出資している英字軍事サイト「チャイナミリタリー」(2018年8月6日付)は、「近い将来中国が4隻の空母を展開するとされる状況で、中国海軍は緊急に約400人のパイロットを必要とする」という記事を掲載している。

■筆者プロフィール:洲良はるき

大阪在住のアマチュア軍事研究家。ブログやツイッターで英語・中国語の軍事関係の報道や論文・レポートなどの紹介と解説をしている。

■筆者プロフィール:洲良はるき 大阪在住のアマチュア軍事研究家。翻訳家やライターとして活動する一方で、ブログやツイッターで英語・中国語の軍事関係の報道や論文・レポートなどの紹介と解説をしている。月刊『軍事研究』に最新型ステルス爆撃機「B-21レイダー」の記事を投稿。これまで主に取り扱ってきたのは最新軍用航空機関連。 twitterはこちら

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携