Record China

ヘッドライン:

「SARS感染デマ」の解放軍病院、実は普通のカゼだった―河北省保定市

配信日時:2012年2月29日(水) 8時15分
拡大
28日、河北省疾病予防コントロールセンターの斉順祥所長は、「SARS感染デマ」の流れた保定市解放軍252医院のアデノウイルス感染症はすでにコントロール下にあり、現地の気道感染症に異常増加は見られていないと発表した。写真は河北省保定市。
(1/8枚)

2012年2月28日、河北省疾病予防コントロールセンターの斉順祥(チー・シュンシアン)所長は、「SARS感染デマ」の流れた保定市解放軍252医院のアデノウイルス感染症はすでにコントロール下にあり、現地の気道感染症に異常増加は見られていないと発表した。同省ではB型インフルエンザの流行がピークを迎えている。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

斉所長は、インフルエンザやアデノウイルス感染症は中国でよく見られる気道感染症で、55の血清型が判明していること、主に飛沫や濃密な接触によって感染し、臨床上も軽い急性上気道感染のみで、重症化や死亡の例は少なく予後は良好であると説明した。

斉所長は、個々人の衛生習慣が気道感染症予防の最も重要な手段であり、手洗いや掃除、換気をこまめにし、人の集まる場所は避け、発病後は速やかに病院へ行くよう呼びかけている。

また、河北省インフルエンザ観測ネットワークの資料によると、同省はインフルエンザのピーク期にあるという。中国の北方では、毎年10月から翌年3月まではインフルエンザの流行期で、気候が暖かくなるにつれてウイルスの活動も収まってくる。

中国衛生部の新聞弁公室は2月25日、「最近注目を集めている河北省保定解放軍252医院に入院している気道感染症の発病者がSARSやA型インフルエンザ、鳥インフルエンザに罹患している可能性は排除されており、アデノウイルス55型による気道感染症である」と発表した。(翻訳・編集/岡本悠馬)

関連記事

中国の食の安全問題は大半が「故意の混入」、がん発病率も年々増加―中国紙

30日、先進国の「食の安全問題」が微生物など人的要因ではないのに対し、中国の場合は誰かが故意に「何かを入れたり混ぜたり」することによるものが大半だ。写真は重慶で摘発された違法ビーフン製造所。切れにくくするため、違法に防腐剤を添加していた。

Record China
2011年12月3日 12時14分
続きを読む

ランキング