中国外交部、中国側の開放拡大措置は米中貿易摩擦と無関係―中国メディア

配信日時:2018年4月13日(金) 10時40分
中国外交部、中国側の開放拡大措置は米中貿易摩擦と無関係
画像ID  981672
中国外交部の耿爽報道官は11日の定例記者会見で「中国側が開放拡大という重大な措置を宣言したのは、現在の米中経済・貿易摩擦とは無関係だ」と指摘した。
中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は11日の定例記者会見で「中国側が開放拡大という重大な措置を宣言したのは、現在の米中経済・貿易摩擦とは無関係だ」と指摘した。

【記者】習近平(シー・ジンピン)国家主席が10日にボアオ・アジアフォーラム年次総会開幕式で宣言した開放の一層の拡大という重大な措置に各界は大変注目している。中国側のこうした措置は自動車や知的財産権などの分野を含み、現在米側が懸念を表明している分野の一部と重なると考える外国メディアがある。中国側のこうした開放措置は現在の米中貿易摩擦と関係があるか。

【耿報道官】中国側が開放拡大という重大な措置を宣言したのは、現在の米中経済・貿易摩擦とは無関係だ。中国政府の運営を知る人ならみな知ってるはずだが、このような多くの重大な措置を打ち出すには下準備を重ね、深思熟考し、綿密な手配をする必要があり、短期間内で決定することは不可能だ。

皆さん覚えているはずだが、中国側は対外開放という基本国策を堅持し、国の門戸を開いての建設を堅持すると一貫して強調している。中国の開放の扉が閉ざされることはなく、大きく開かれていくのみだ。これはわれわれの終始一貫した立場だ。昨年の第19回党大会報告も今年の政府活動報告も次の段階の対外開放政策について計画と方針をまとめた。

今回中国側がこうした措置を打ち出したのは、まさに第19回党大会報告と政府活動報告を実行に移す重要なステップであり、中国が自らの必要性に基づき、自らのタイムテーブルとロードマップに従い自ら開放する重大な行動だ。(提供/人民網日本語版・編集/NA)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/04/15 09:24)

    >中国側のこうした措置は自動車や知的財産権などの分野を含み 中国が開放を宣言した知的財産権は、もともと他国のパクリだから損失はないはずだ。むしろ損害をこうむったのはオリジナルの知的財産権を持つ国である。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事