広西チワン族自治区で1万6000年前の人類の頭蓋骨化石を発見―中国

配信日時:2018年3月14日(水) 18時0分
広西チワン族自治区で1万6千年前の人類の頭蓋骨化石を発見―中国
画像ID  971299
広西チワン族自治区の広西文物保護・考古研究所は12日、3年にわたる発掘調査の末、隆安●懐洞遺跡(●は女へんに亜)で今から1万6000年前の古墳及び、完全な頭蓋骨を含む人類の化石を発掘した。
広西チワン族自治区の広西文物保護・考古研究所は12日、3年にわたる発掘調査の末、隆安●懐洞遺跡(●は女へんに亜)で今から1万6000年前の古墳及び、完全な頭蓋骨を含む人類の化石を発掘した。

その他の写真

これは中国で発見された山頂洞人の古墳に次ぐ2カ所目の旧石器時代の墳墓となる。中国新聞網が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集/TK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事