Record China

ヘッドライン:

平昌五輪の聖火リレーにジャッキー・チェンが登場、道路がファンで埋まったことに「さすがは国際的なスター」―中国ネット

配信日時:2018年2月11日(日) 8時10分
拡大
9日、新浪が、中国版ツイッター・微博のアカウントに、平昌五輪の聖火リレーにジャッキー・チェンが登場したことを伝える写真を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はジャッキー・チェン。

2018年2月9日、新浪が、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のアカウントに、平昌五輪の聖火リレーにジャッキー・チェンが登場したことを伝える写真を掲載した。

聖火は、昨年11月1日に韓国・仁川に到着し、101日をかけて8つの主要都市をまわったが、聖火リレーの最終日の2月9日には、ジャッキー・チェンが登場。すると、道路の両脇は大勢の人だかりができた。ジャッキー・チェンは手を振って人々の歓声に応え、聖火を持ってゆっくりと歩いた。

これに対し、中国のネットユーザーから「さすがは国際的なスターだ」「韓国人はジャッキー・チェンが特に好きなんだと思う」「韓国人だけじゃない。外国人の多くが中国の第一印象はジャッキー・チェンだと答える」などのコメントが寄せられた。

また、「ジャッキー・チェンは中国のトレードマークだからな。外国人が知っている中国の俳優といえば彼くらいしかいない」「中国の真の世界的な俳優」「ジャッキー・チェンは、どこに行っても自分は中国人であることを強調する。この点が尊敬に値するところだ」という意見もあり、ジャッキー・チェンは中国人にとって誇り高い存在のようである。(翻訳・編集/山中)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

平昌五輪の聖火リレーに大韓航空の「ナッツ姫」が登場!韓国ネットから非難集中「犯罪者をなぜ?」「金さえあれば何でも無罪に」

15日、大韓航空機のいわゆる「ナッツリターン事件」で社会的に物議を醸した同社元副社長・趙顕娥氏が平昌五輪の聖火リレーイベントに参加していたことが分かり、韓国のネットユーザーから非難の声が高まっている。写真は平昌五輪の会場。

Record China
2018年1月15日 21時30分
続きを読む

ランキング