中国人ボクサーから王座奪った木村翔が中国で好感を持たれる理由

配信日時:2018年1月19日(金) 17時30分
中国人ボクサーから王座奪った木村翔が中国で好感を持たれる理由
画像ID  948634
18日、新京報の微博アカウントは、昨年中国人チャンピオンを倒してWBO世界フライ級新王者となり、先日初防衛に成功した日本人ボクサー・木村翔のインタビュー動画を紹介した。写真はタイトルマッチの選手紹介。
2018年1月18日、新京報の微博アカウントは、昨年中国人チャンピオンを倒してWBO世界フライ級新王者となり、先日初防衛に成功した日本人ボクサー・木村翔のインタビュー動画を紹介した。

木村は昨年7月28日に上海で同級王者だった鄒市明(ゾウ・シーミン)に挑み、TKO勝ちで王座を奪取。12月には初の防衛に成功し、日本での人気も出始めている。中国のネット上では当初、メディアが日中対立構図をあおったりした影響もあり、ヒールという印象もあったが、素朴で謙虚な人柄や、チャンピオンになってもバイト生活を続けるつつましい様子が伝えられると、次第に称賛の声に変わった。

木村はインタビューの中で、「毎朝6時に起きて酒を20軒の飲食店に配送している。まだ面積9平方メートルの部屋に住んでいる。彼女はいない。鄒市明は僕にチャンスを与えてくれた相手なので、望むなら再戦しても構わない」と語っている。

中国のネットユーザーは「いい男だな」「とても誠実だ」「浮ついた感じがなく、とてもしっかりしているように感じる」といった肯定的な感想を次々と残した。中でも「日本人だけどとても敬服する」というコメントが最も多くの「いいね」を集めている。あまりの質素さに「ボクシングの王者ってこんなに惨めなの?」と驚くユーザーもいた。

また、試合結果にクレームをつけて協会に提訴して却下されたほか、「木村戦には試合を操作する黒幕がいた」との発言をしてきた鄒市明とその陣営に対する中国ネットの評価は下がる一方。「中国のチャンピオンはテレビに出て金を稼ぎ、日本人は狭い部屋に住んでバイトしている」「いまだに『黒幕、黒幕』と叫んでいるヤツが中国にいるのが恥ずかしい」「これが中国だったら、家もカネも美女も手に入ってるんだろうな」など、鄒への皮肉を交えた感想も多く見られた。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事