<ボクシング>王座陥落の中国選手、木村を相手に選んだ理由は「日本人だから」も―中国メディア

Record China    2017年8月8日(火) 17時50分

拡大

5日、新京報によると、上海で行われた世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチでTKO負けを喫して王座を失った鄒市明(ゾウ・シーミン)が、相手に木村翔を選んだことについて「日本人」であることも理由だと語った。

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携