Record China

ヘッドライン:

日中が尖閣諸島沖で開戦したら、勝つのは日本―ロシアメディア

配信日時:2011年10月21日(金) 17時12分
拡大
19日、ロシアの軍事専門サイトは日本と中国が尖閣諸島沖で開戦したら、最初は中国優勢だが、最終的には日本が米国の助けで逆転勝利するとの見方を示した。写真は10年4月、青島の中国海軍潜水艇学院で行われた閲兵式。
(1/4枚)

2011年10月19日、ロシアの軍事専門サイトは日本と中国が尖閣諸島沖で開戦したら、最初は中国優勢だが、最終的には日本が米国の助けで逆転勝利するとの見方を示した。20日付で環球網が伝えた。以下はその概略。

その他の写真

野田佳彦首相が航空自衛隊の観閲式で、昨今の北朝鮮による挑発的な行動や中国が近海水域での活動を活発化させていることを挙げ、「日本の安全保障環境は不透明さを増している」と指摘。中国と北朝鮮が「脅威」であるとの認識を示し、不測の事態に備えるよう訓示した。

日本では特に中国の海軍力の増強を懸念する声が高まっており、昨年改定された「新防衛大綱」にも「中国の周辺海域での活動活発化と拡大により、地域と国際社会に懸念を及ぼしている」との認識が盛り込まれた。“中国の脅威”に照準が当てられている。

昨年9月、尖閣諸島沖で中国漁船と日本の巡視船が衝突するという事件が発生。深刻な外交問題となったが、中国はこの時一歩も引かなかった。最近は中国海軍の艦艇が沖縄本島や琉球列島付近の海域を通過するなどの動きも見せている。

では、仮に日本と中国が尖閣諸島沖で開戦したらどうなるのか?第1段階は中国が優勢を保つと思われる。だが、日本の背後には米国がいる。劣勢の日本を米国が助け、最終的には日本が勝利を収めることになるだろう。(翻訳・編集/NN)

関連記事

中国を「脅威」と名指しした“野田式外交”が意図するものとは?―SP華字紙

16日、野田佳彦首相が航空自衛隊の観閲式で、中国と北朝鮮が「脅威」であるとの認識を示し、不測の事態に備えるよう訓示したことを受け、シンガポール華字紙が「野田式外交の意図」について論じた。写真は昨年10月、済南軍区で行われた人民解放軍の空軍演習。

Record China
2011年10月20日 13時3分
続きを読む

台湾・馬総統の側近「尖閣問題で中国と連携、ありえない」=早大で講演

19日、来日中の金溥聡・前国民党秘書長は東京・早稲田大学で講演し、尖閣諸島問題で中国側と連携しないことを改めて表明した。写真は20日、天津で会談した中国の対台湾窓口機関・海峡両岸関係協会の陳雲林会長と台湾側の海峡交流基金会の江丙坤理事長。

Record China
2011年10月21日 15時39分
続きを読む

「我々は毎日でも来る!」、尖閣沖を周回した中国の漁業監視船が日本側に通告―中国紙

22日、中国紙は、20日早朝から尖閣諸島の魚釣島の接続水域を航行していた中国の漁業監視船「漁政310」と「漁政201」の同乗レポートとして、2隻は日本の巡視船による不当な妨害にも屈せず、計画通りに任務を遂行したと報じた。写真は中国海軍の兵士。

Record China
2010年11月23日 5時55分
続きを読む

ランキング