Record China

ヘッドライン:

中国高速列車の知的財産権、「疑いもなく完全に中国人のもの」―中国鉄道部

配信日時:2011年7月1日(金) 7時12分
拡大
29日、中国鉄道部輸送局の周力・副主任は、「中国の高速列車の知的財産権は疑いもなく完全に中国人のものだ」と主張した。写真は北京ー上海間を走る高速列車、CRH380A型。
(1/4枚)

2011年6月29日、中国鉄道部輸送局の周力(ジョウ・リー)副主任は、「中国の高速列車の知的財産権は疑いもなく完全に中国人のものだ」と主張した。新華網が伝えた。

その他の写真

北京と上海を結ぶ「京滬高速鉄道」の開通を控え、中国の高速列車の知的財産権問題について、周副主任は「特にキーテクノロジーの知的財産権は完全に中国人のものだ」と説明。その上で「中国が自主生産した高速列車には4つのキーテクノロジーがある。それは車輪・レール技術、空気抵抗を考えたデザイン、安全構造設計、牽引伝達システムなどで、中国は他の追随を許さない。これら完璧な全く新しいシステムは中国人が自分たちで完成させたものだ。そのため、我々の知的財産権は何の問題もない」と主張した。

また、「京滬高速鉄道」を走るCRH380A型を生産した車両メーカー「中国南車」の主席技術者、馬雲双(マー・ユンシュアン)氏によると、同社が米GEと米国の高速鉄道プロジェクトの入札に参加するため、国際的に有名な知的財産権事務所に調査を依頼したところ、CRH380A型が侵害する特許はないとのことだった。(翻訳・編集/NN)

関連記事

中国の高速鉄道はひどい赤字経営、乗車率の確保が頭痛のタネ=東海道新幹線との違いは?―中国メディア

26日、北京と上海を結ぶ「京滬高速鉄道」が間もなく開通する。だが、中国の高速鉄道の乗車率は低く、ひどい赤字であることは誰もが知っている事実。世界で唯一の黒字を誇る高速鉄道、東海道新幹線とは何が違うのか?写真は12日、試験運転を行った京滬高速鉄道。

Record China
2011年6月28日 6時34分
続きを読む

ランキング