1本1千万円でも欲しい!香港・中国のバイヤー、日本の高級庭木買い付けに走る―華字紙

Record China    2009年8月23日(日) 10時6分

拡大

2009年8月20日、日本華字紙・中文導報は記事「中国が日本産マキを買いあさる=1本1000万円の高級品も」を掲載した。高級な日本の庭木が飛ぶように売れているという。写真は江西省の樹齢1000年のマキ。

(1 / 3 枚)

2009年8月20日、日本華字紙・中文導報は記事「中国が日本産ラカンマキを買いあさる=1本1000万円の高級品も」を掲載した。

その他の写真

千葉県匝瑳市は日本一の植木の産地として有名。同市八日市場植木組合の佐藤悟組合長によると、3年ほど前から香港及び中国からのバイヤーが急増しているという。お目当ては庭木のマキ(羅漢松とも)。中国では縁起物として人気が高い。値段は1本100〜200万円と高額で、樹齢300年の大樹ともなると1000万円もの値がつくという。以前は年に10本も売れればいいほうだったが、最近では1人のバイヤーだけで50〜80本も買いつけていくという。

背景にあるのは中国の住宅ブーム。品質がよい日本のマキに人気が集まっているという。もっとも高すぎる人気は問題にもなっている。マキの栽培には80〜100年という長い時間が必要。すでに売れごろの商品は品薄になっているという。また原木が減ることによって、将来的に品質が低下する可能性も考えられる。(翻訳・編集/KT)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携