Record China

ヘッドライン:

<世界遺産>殷墟から3000年前の宮殿と城壁―河南省安陽市

配信日時:2008年11月13日(木) 13時28分
拡大
11日、河南省安陽市で、3000年前の商王朝(前1600年〜前1406年)時代の宮殿と城壁跡が発掘されていたことがわかった。写真は世界文化遺産に指定されている商王朝の遺跡「殷墟」。
(1/8枚)

2008年11月11日、河南省安陽市で、3000年前の商(殷)王朝(前1600年〜前1406年)時代の宮殿と城壁跡が発掘されていたことがわかった。鄭州晩報が伝えた。

その他の写真

発見されたのは、世界文化遺産に指定されている商王朝の遺跡「殷墟」の北に位置する「[シ亘]北商城」の中軸線を南に下った場所。中国社会科学院考古学研究所安陽作業所の唐際根(タン・ジーゲン)所長が、閉幕したばかりの世界文化遺産殷墟考古発掘80周年記念式典の席上で初めて明らかにした。

唐所長によると、「[シ亘]北商城」は殷代中期の都市遺跡。今回発見された宮殿跡は当時の王が執務を行ったり、祖先を祭ったりしていた場所で、「殷墟」遺跡の中では初の発見となった。形は長方形で、南北に長さ795m、東西に幅515mの大きさだった。(翻訳・編集/NN)

関連記事

春秋時代の王墓と確定―安徽省蚌埠市

20日、安徽省蚌埠市で発見され、同省文物考古研究所が06年12月から発掘を進めてきた「双[土敦]1号墓地」の主は、春秋時代の小国「鐘離国」の国王・柏であることが分かった。写真は08年6月の発掘作業。

Record China
2008年10月21日 8時28分
続きを読む

ランキング