Record China

ヘッドライン:

<グルメ特集・中国人の大好物10/10>北国の美食王、北京ダック

配信日時:2008年11月16日(日) 14時50分
拡大
世界3大料理のひとつにも数えられる中華料理。この特集では国民的に愛され、日常の食卓に頻繁に登場する彼らの大好物を特集する。第10回は、北国の美食を代表する「北京ダック」。
(1/3枚)

世界3大料理のひとつにも数えられる中華料理。広大な国土に無数に存在する料理の数々はグルメを自認する中国人ですら、一生かけても食べきれないほどである。この特集では国民的に愛され、日常の食卓に頻繁に登場する彼らの大好物を特集する。第10回は、北国の美食を代表する「北京ダック」。人民日報(電子版)の編集。

その他の写真

中国の首都・北国の北京を代表する美味といえば、「北京ダック」。豊富な餌を与えて皮下脂肪をたっぷりたくわえたアヒルをアメ色に焼き上げる。皮の表面には水あめを塗ってパリパリに仕上げ、果樹の枝を薪に、香り高くローストする。皮を削ぎ切りにし、それを甘めの味噌、きゅうりの千切りとともに小麦粉のクレープに包んで食べる。

実はこのロースト・ダックは、地方ごとに製法や味、食感が異なるそれぞれの「ご当地ダック」が存在する。北京ダック以外で有名なのは、南京ダックや広東ダックだろう。貧しかった時代には高カロリーな栄養食として憧れのごちそうだった北京ダックだが、今やすっかり庶民の味となっている。(翻訳・編集/愛玉)

関連記事

老舗北京ダック店で8万羽が死亡、暴風雨で―北京市

4日、北京ダックの最高食材とされる北京市郊外順義区の農場で飼われていたアヒル8万羽が、暴風雨で死亡するという惨事が起こった。この農場は、北京ダックの老舗「全聚徳」の専属農場だった。写真は北京の「全聚徳」。

Record China
2008年7月7日 17時31分
続きを読む

ランキング