ブルース・リーの「恋人」だった女優ノラ・ミャオ、「いいお兄さん」過去の関係を語る―台湾

Record China    2017年9月4日(月) 19時0分

拡大

3日、ブルース・リー映画の美しきヒロインとして知られる女優ノラ・ミャオが、ブルース・リーとは友人以上の関係はなかったと語っている。写真はノラ・ミャオ。

(1 / 2 枚)

2017年9月3日、ブルース・リー(李小龍)映画の美しきヒロインとして知られる女優ノラ・ミャオ(苗可秀)が、ブルース・リーとは友人以上の関係はなかったと語っている。聯合報が伝えた。

その他の写真

「ドラゴン危機一発」をはじめ、「ドラゴン怒りの鉄拳」「ドラゴンへの道」とブルース・リー映画に出演して愛らしいヒロイン役で知られ、かつては日本でもアイドルとして人気を獲得した。このほど香港映画「Naked Nation」の宣伝のため台湾を訪問し、ブルース・リーについて語っている。

共演によってブルースとの間に交際説も持ち上がり、不倫関係にあった女優の1人だと40年以上にわたってたびたび話題になってきた。しかしノラ・ミャオによると、あくまで頼れるお兄さん的な存在だったといい、「本当に私によくしてくれた」と語っている。友人以上の親密な関係はなく、さらにブルースに対しては、世間で言われるような「偉人」のイメージもないという。

ノラ・ミャオによると、イタリアロケが行われた「ドラゴンへの道」では、現地の男性スタッフに言い寄られることがあった。それをブルースに相談すると、その翌日からどこへ行くにもブルースが付き添ってくれ、恋人のふりをしてくれたという。

現在65歳になったノラ・ミャオは今も独身で、過去に一度も結婚経験がない。しかし世間で言われるように、ブルースを思って独身を貫いたわけではないと語っている。(翻訳・編集/Mathilda

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携