Record China

ヘッドライン:

SNS映えに強い上海のフランス租界エリア・永康路はHOTな散歩ストリート!

配信日時:2017年8月21日(月) 21時0分
拡大
1/8枚
上海のフランス租界エリアに位置する永康路(ヨンカンルゥー)は、全長600mほどでお散歩にもぴったりなストリートだ。

その他の写真

2016年ごろまで、道の両側に欧米人が口コミで集まるおしゃれなバーが点在して、毎晩賑やかな通りとなり、通称バーストリートと呼ばれ有名だったが、違法建築や営業許可証未取得などで一斉取締りを受けた。その後再開発され、営業しているバーは数軒のみとなった。夜の賑わいに沸いたバーストリートがすっかりなりをひそめていたが、最近になり、個性的なカフェが集う、カフェストリートとしてその知名度を復活させている。

いま、日中の永康路には、若者が好みそうな様々なショップが並び、欧米人のほかにも、女性を中心に地元の若者が多く訪れ、思い思いにカフェタイムを楽しんでいる姿が見られる。

もちろんカフェの他にもベーカリー、アイスクリームなどから、アート、インテリア雑貨まで様々なショップがあり、いずれも独自のテーマをもち、個性的でユニークな外観やディスプレイで人目を引いている。

例えば、フローズンヨーグルトを扱う「spoooon!」。壁一面のスプーンを背景に自撮りする人も多い。濃厚なギリシャヨーグルトもあり、カップのサイズも選べ、トッピングの種類も豊富だ。ここでは断然、キュートな店内でのイートインがおすすめ!

また、ピンクをテーマにした「LOVE 愛飲」は乙女チックなディスプレイで、人気の看板ドリンクは「我愛[イ尓](I LOVE YOU)」。

ミルクとココナッツをベースにしたドリンクで、見た目もキュート。こぢんまりとした店内は、いつも地元女子で満席だ。

SNSを通じて人気のショップには、地元の若者たちが集い、欧米人で賑わったバー時代とは別の個性豊かなディープな光景を生み出している。

どのガイドブックでも紹介される有名な大通りも良いが、一歩なかに入った、地元ならではのディープなスポットを気ままに散策してみるのもおすすめだ。(提供/フライメディア)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「上海 永康路」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

上海旅行者必見!在住日本人おすすめのお土産は日本人オーナーの上海ブランド「Nanfan」!

旅の楽しみの一つと言えば、現地でのショッピング!自分用あるいはプレゼントに、思い出をつめたお土産を探すのも醍醐味の一つではある。ただ、日数が限られた中、気に入ったもの、喜ばれるものを探すのも大変。今回は、日本人の御用達となっている上海ブランドを紹介する。

フライメディア
2017年7月31日 22時50分
続きを読む

上海でシーズン真っ盛り!「古猗園」でハスの花まつりを開催

南翔にある上海を代表する庭園「古猗園(グーイーユエン)」で、現在、毎年恒例のハスの花まつりが開催されている。ここ古猗園では、約30品種、6000株のハスの花や睡蓮(スイレン)を観賞できるとあって、連日の猛暑にも負けず、平日でも多くの市民が訪れている。

フライメディア
2017年7月24日 16時20分
続きを読む

37度以上の暑さが続く上海は、昔ながらの定番「緑豆湯」で夏バテをのりきろう!

連日猛暑が続く上海、熱中症で緊急搬送というニュースをよく耳にするようになった。 この時期、老若男女を問わず、現地で猛暑&夏バテ対策として、好んで食べられているのが、緑豆(りょくとう)を使ったお粥(緑豆粥)やスープ(緑豆湯)だ。

フライメディア
2017年7月18日 21時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング