Record China

ヘッドライン:

<北朝鮮情勢>米国の軍事攻撃に壁、報復で在韓米国人6万人犠牲も=中国、二重国籍者の入国管理を厳格化―人民解放軍、国境へ移動か

配信日時:2017年8月2日(水) 5時10分
拡大
北朝鮮が2回目の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した。米国は軍事オプションの検討も選択肢としているが、甚大な報復攻撃の懸念があり、困難視されている。北朝鮮国境地帯に人民解放軍が移動しているとの情報もありキナ臭い動きから目を離せない。資料写真。

北朝鮮が7月28日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)級の弾道ミサイルを発射した。7月4日に続いて2回目で、今回は異例の深夜に発射された。米国は軍事オプションの検討も選択肢としているが、甚大な報復攻撃を受ける懸念があり、困難視されている。

ミサイルは約45分間飛行し、高度は3500キロメートル超に達した。飛行時間、高度はともに過去最高という。北朝鮮メディアは「米国の本土全域が射程圏内になり、奇襲発射できる能力も誇示できた」とアピールしている。

トランプ政権はこれまで中国の協力による制裁圧力で北朝鮮問題を解決する方針をとってきた。ところが米国が想定していた以上の速さで、北朝鮮のICBM開発が進んでいることが判明。米国安全保障筋によると、来年にも実戦配備があり得るとの予測に修正したという。

ところが同筋によると、米国防省は、米国の攻撃に対する北朝鮮の報復によって、韓国市民多数が殺傷されるだけでなく、ソウル周辺に在住する米国人約3万人と駐在米軍約2万9000人の多くが犠牲になると予測している。このため、米政権による北朝鮮に対する軍事攻撃に直ちに踏み切るのは困難と判断している。

米国の世論は、今なお北朝鮮を死活的かつ緊急的脅威と見ていない。化学兵器使用によって多数の一般市民が死傷したことを受けたシリア爆撃時(4月)のような、人道的な事態が発生しているわけでもない。多くの米国市民の安全保障上の懸念は、主として、過激派テロや宗教的な過激集団に向けられている。

一方、中国は7月1日付で、遼寧、吉林両省の空港などの入国管理で、中国と他国の二重国籍者に対して、両方の国籍のパスポート提出が義務付けることになった。違反者には、即時に中国国籍が抹消される厳しい措置が取られ、波紋を呼んでいる。

また7月から遼寧省大連市などの大学で、中央から派遣された検閲官が授業を監督する措置が取られることになった。遼寧、吉林両省は北朝鮮に接しており、「今秋の共産党大会を控え、北朝鮮有事の場合の臨戦体制構築の動きではないか」と見る向きもある。

2つのパスポート提出の義務化で大きな影響を受けるのは仕事などの関係で外国籍を取得した一般の中国人移民。特に米国籍を持っている米在住の中国人は、中国に帰国する際は注意すべきだとの懸念も広がっている。中国国籍を失うことになれば、中国人としてのメリットが失われることになる。

検閲官が授業を監督する措置については、特に日本、米国出身者など外国人教授による授業が対象となるという。

一方、遼寧、吉林両省の北朝鮮国境地帯に中国人民解放軍の部隊が移動しているとの情報もあり、キナ臭い動きから目を離せない。(八牧浩行)

■筆者プロフィール:八牧浩行
1971年時事通信社入社。 編集局経済部記者、ロンドン特派員、経済部長、常務取締役、編集局長等を歴任。この間、財界、大蔵省、日銀キャップを務めたほか、欧州、米国、アフリカ、中東、アジア諸国を取材。英国・サッチャー首相、中国・李鵬首相をはじめ多くの首脳と会見。現在、日中経済文化促進会会長。Record China相談役・主筆。著著に「中国危機ー巨大化するチャイナリスクに備えよ」など。 ジャーナリストとして、取材・執筆・講演等も行っている。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本の目の前に落ちた北のミサイル、韓国国防委員長「大気圏再突入技術を確保と判断」=韓国ネット「事実上の攻撃」「これを言い訳に日本が核武装?」

31日、韓国メディアによると、北朝鮮が28日に発射したICBM級の弾道ミサイルに関し、韓国国会の国防委員長である金栄宇「正しい政党」議員が「北朝鮮が核弾頭の大気圏再突入技術を確保したと見るべきだ」との考えを明らかにした。資料写真。

Record China
2017年7月31日 16時10分
続きを読む

トランプ米大統領、11月に訪中し中国に北朝鮮制裁強化迫る=軍事攻撃は見合わせ、近く米統合参謀本部長が北京で事前交渉―米国防関係者

米安全保障関係者によると、米トランプ政権は北朝鮮問題への軍事的行動に当面踏み切らず、中国に対し、石油の輸出差し止めを含む強力な制裁措置に踏み切るよう要求する方針。トランプ大統領は11月に訪中。近く米統合参謀本部長が訪中し北京で中国側と交渉する。資料写真。

八牧浩行
2017年7月26日 5時10分
続きを読む

米戦略爆撃機B1B「ランサー」2機が朝鮮半島展開、精密爆撃訓練公開=「一度、実際にやってみろ。でなければ張り子の虎」―韓国ネット

8日、米国が「死の白鳥」と呼ばれる米戦略爆撃機B1B「ランサー」2機を朝鮮半島上空に展開し、爆弾投下の場面も公開した。韓国・聯合ニュースなど複数の韓国メディアが伝えた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

Record China
2017年7月9日 14時20分
続きを読む

ランキング