Record China

ヘッドライン:

上海旅行者必見!在住日本人おすすめのお土産は日本人オーナーの上海ブランド「Nanfan」!

配信日時:2017年7月31日(月) 22時50分
拡大
旅の楽しみの一つと言えば、現地でのショッピング!自分用あるいはプレゼントに、思い出をつめたお土産を探すのも醍醐味の一つではある。ただ、日数が限られた中、気に入ったもの、喜ばれるものを探すのも大変。今回は、日本人の御用達となっている上海ブランドを紹介する。
(1/5枚)

旅の楽しみの一つと言えば、現地でのショッピング!自分用あるいはプレゼントに、思い出をつめたお土産を探すのも醍醐味の一つではある。ただ、日数が限られた中、気に入ったもの、喜ばれるものを探すのも大変。今回は、一時帰国する時などのお土産で上海在住の日本人の御用達となっている上海ブランドを紹介する。

その他の写真

洗練されたデザインにチャイナテイストを加えた雑貨やバッグが現地で口コミ人気となっているのが、「Nanfan(ナンファン)」。自分でも使いたいと思える品質、使いごこち、デザインを大切にしてきたと話すのは日本人オーナーの酒見美恵さん。もともとはアンティーク家具などを扱うインテリアコーディネーターとして活躍していたが、当時の上海には欲しいと思える雑貨やお土産がなく、モノづくりにも興味があって、「Nanfan」ブランドをたちあげた。「当時(2000年頃)の中国は、やろうと思えば何でもできるという空気があり、好きなものを好きなようにつくれると思った」と振り返る酒見さん。

「Nanfan」ブランドのコンセプトは、遊びごころ&輝きの「華(上海)」と思いやり&品質の「和(日本)」の融合。デザインや生地の選択などは酒見さん自身が担当し、製作は上海郊外の工房で一つ一つ手作りで作っている。

今やブランドの代名詞ともいえる、軽くておしゃれなのに使い勝手が良いと大人気なロングセラー商品が、ミニバッグ付きの「エコバッグ」だ。酒見さんが、スポーツウェア用のポリエステルメッシュ素材に一目惚れしてつくった。速乾性がよく、洗濯機で洗えることもこだわりのポイント。アクセントになっているカラーは、バリエーションも豊富だが、特にビビッドなピンクやブルーが人気。付属のミニバッグは、チャイナボタンも可愛らしく、単独でもバッグインバッグとしても使え、お得感いっぱいだ。

「これからも大人女子からシニアまでおしゃれに使えるデザインを生み出したい」と意欲的な酒見さんだが、現在は日本と上海を行き来している生活で、「仕事をするにも気力だけでは無理!体力が必要」と年に1度ハーフマラソンに参加することを自分に義務づけているそうだ。(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「在住日本人おすすめのお土産〜バッグ」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

上海でシーズン真っ盛り!「古猗園」でハスの花まつりを開催

南翔にある上海を代表する庭園「古猗園(グーイーユエン)」で、現在、毎年恒例のハスの花まつりが開催されている。ここ古猗園では、約30品種、6000株のハスの花や睡蓮(スイレン)を観賞できるとあって、連日の猛暑にも負けず、平日でも多くの市民が訪れている。

フライメディア
2017年7月24日 16時20分
続きを読む

37度以上の暑さが続く上海は、昔ながらの定番「緑豆湯」で夏バテをのりきろう!

連日猛暑が続く上海、熱中症で緊急搬送というニュースをよく耳にするようになった。 この時期、老若男女を問わず、現地で猛暑&夏バテ対策として、好んで食べられているのが、緑豆(りょくとう)を使ったお粥(緑豆粥)やスープ(緑豆湯)だ。

フライメディア
2017年7月18日 21時10分
続きを読む

上海初体験?流しそうめんならぬ、流し蕎麦が中国人客に大人気!変わる飲食店のスタイルが成功のカギに

上海人は新しいものが大好きな土地柄で、開放的で国際色豊かな文化の刺激を常に受けている。そして流行やファッションも常に最先端をいき、全国区でブームになるころ、上海ではすでに次の新しいモノ、コトに飛びついているというくらいスピードのある市場だ。

フライメディア
2017年7月1日 18時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング