Record China

ヘッドライン:

上海でシーズン真っ盛り!「古猗園」でハスの花まつりを開催

配信日時:2017年7月24日(月) 16時20分
拡大
南翔にある上海を代表する庭園「古猗園(グーイーユエン)」で、現在、毎年恒例のハスの花まつりが開催されている。ここ古猗園では、約30品種、6000株のハスの花や睡蓮(スイレン)を観賞できるとあって、連日の猛暑にも負けず、平日でも多くの市民が訪れている。
(1/6枚)

南翔にある上海を代表する庭園「古猗園(グーイーユエン)」で、現在、毎年恒例のハスの花まつりが開催されている。上海市内の各公園でもハスの花がシーズンを迎えているが、ここ古猗園では、約30品種、6000株のハスの花や睡蓮(スイレン)を観賞できるとあって、連日の猛暑にも負けず、平日でも多くの市民が訪れている。

その他の写真

古猗園は、明の時代につくられ、上海でもっとも古いといわれる由緒ある庭園。一年を通じて、季節感ある花々を観賞できるとあって、地元の人にも人気が高い。最近では、上海市内からも近く、交通アクセスも便利なため、上海に在住している外国人来園者も増えている。

園内では、連日40度近い気温とあって、日中、定期的にハスにミスト(霧)シャワーをかけるなど工夫している。もちろん、池や睡蓮も「涼しい」世界を演出していて、来園者はしばし暑さを忘れ、目の前に広がるハスや睡蓮の競演が楽しめる。

中国では、ハスの花は古くから人々に愛され、「濁った泥水の中にあっても、清らかで美しい花を咲かせる」として「花中の君子」などとも呼ばれてきた。

さて、古猗園のハスの花を心ゆくまで観賞した後のお楽しみは、本場の小籠包を味わえること。古猗園に隣接しているレストラン「上海古猗園餐廰」は、南翔小籠包発祥の店と言われる有名店だが、季節限定でハスを使った「荷藕鮮肉小籠」も登場している。皮はピンクとグリーンのハスを思わせる色あいで、具は豚ひき肉に刻んだレンコンが入っている。シャキシャキ感がくせになりそうな味で、あざやかな見た目も食欲をそそる。10個入りで48元(約820円)とお値段はやや高め設定。ちなみに、定番の「小籠包」は16個入りで30元(約510円)だ。

視覚も味覚も楽しめる南翔の古猗園、今が見ごろとあり、7月の週末は混雑必須だ。(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「上海のハスの花まつり」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

37度以上の暑さが続く上海は、昔ながらの定番「緑豆湯」で夏バテをのりきろう!

連日猛暑が続く上海、熱中症で緊急搬送というニュースをよく耳にするようになった。 この時期、老若男女を問わず、現地で猛暑&夏バテ対策として、好んで食べられているのが、緑豆(りょくとう)を使ったお粥(緑豆粥)やスープ(緑豆湯)だ。

フライメディア
2017年7月18日 21時10分
続きを読む

上海初体験?流しそうめんならぬ、流し蕎麦が中国人客に大人気!変わる飲食店のスタイルが成功のカギに

上海人は新しいものが大好きな土地柄で、開放的で国際色豊かな文化の刺激を常に受けている。そして流行やファッションも常に最先端をいき、全国区でブームになるころ、上海ではすでに次の新しいモノ、コトに飛びついているというくらいスピードのある市場だ。

フライメディア
2017年7月1日 18時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング