パイロット78人が辞職願!スト決行中=中途退社への賠償金が原因か―中国東方航空

Record China    2008年4月29日(火) 12時4分

拡大

25日、現在、中国東方航空(MU)のパイロット78人が辞職願を提出していることが明らかになった。写真は旅客機引き返し事件の影響で昆明空港で待つ乗客ら。

(1 / 7 枚)

2008年4月25日付「人民網」によると、現在、中国東方航空(MU)のパイロット78人が辞職願を提出、ストライキを決行しているという。3月31日から4月1日の間には同航空雲南支社の航空便が目的地を前に出発空港に引き返すという「Uターンスト事件」が起きたばかり。東方航空パイロットの辞職問題に中国市民の注目が集まっている。

その他の写真

パイロットの辞職をめぐる騒動は突然起きたわけではない。04年初めから辞職希望者希が増え始め、民間航空会社の誕生とともに05年にはその流れはさらに加速した。今回の騒動を「今までで一番ひどい騒ぎだ」と語る同航空上海支店の古参パイロットによれば、ハンストや座り込み、頭を丸坊主にするといった行動が展開されているという。

しかし、彼らが辞職を望む理由は、単に賃金だけではない。明るい将来を求めても、東方航空のパイロット2500人の中で昇進できるのはごくわずかだからだ。そんな中、民間の航空会社が誕生したことで管理職に進める機会が拡大した。

05年5月、民用航空総局など5部門・委員会は、パイロットの移籍を制限する規定を発表。この規定は、「在籍する航空会社の同意がなければ、パイロットの移籍は認めない」としており、中途退社は70万元(約980万円)から210万元(約2940万円)の賠償金を支払うものと定めている。(翻訳・編集/下妻)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携