Record China

ヘッドライン:

純愛映画の名作「Love Letter」、20年ぶりの再上映!中山美穂のサプライズにファン歓喜―台湾

配信日時:2016年9月9日(金) 16時40分
拡大
8日、20年ぶりに台湾で上映される映画「Love Letter」のヒロインを演じた中山美穂が、台北の映画館に姿を見せてファンを喜ばせている。写真はウー・ズーユン。
(1/2枚)

2016年9月8日、20年ぶりに台湾で上映される映画「Love Letter」のヒロインを演じた中山美穂が、台北の映画館に姿を見せてファンを喜ばせている。聯合報が伝えた。

その他の写真

台湾では96年に公開され、大ヒットを生んだのが岩井俊二監督の純愛映画「Love Letter」だ。ファンの熱い期待に応え、今月9日から台北市をはじめ台湾各地の10館で20年ぶりに上映されることに。この作品でヒロインを演じた中山美穂が8日、台北市内の映画館でパネルをバックに写した写真をインスタグラム上で公開。台湾のファンにとって大きなサプライズとなった。

純愛映画の最高峰として、「Love Letter」は今でも台湾で根強い人気を持つ。人気小説家で、今年ヒットした映画「At Cafe 6」を生んだ映画監督でもあるウー・ズーユン(呉子雲)のペンネームは「藤井樹」。これは「Love Letter」の主人公の名前を借用したものだ。

「Love Letter」の台北プレミアに出席したウー・ズーユンによると、ペンネームの由来はもちろん「この映画が好きすぎるから」とのこと。ペンネームについては岩井俊二監督もすでに知っており、監督本人に対して勝手に借用したことを謝罪すると、「作家の名前にはピッタリだ」と温かい言葉をかけてもらったという。(翻訳・編集/Mathilda

レコードチャイナではアルバイトを募集しております。
採用情報はこちら

関連記事

いつまで続く「ありがとう台湾」の声、岩井俊二監督「国同士の助け合い」尊さ語る―台湾

14日、東日本大震災で台湾から巨額寄付を受けたことで、「ありがとう台湾」の言葉が日本人から今も聞かれることについて、岩井俊二監督が「国同士の助け合い」の思いの深さを語った。写真は東日本大震災発生直後に開かれた台湾のチャリティーイベント。

Record China
2016年3月15日 11時30分
続きを読む

酒井法子に逮捕状で、気になる「あの日本のアイドルたちは今」―中国紙

7日、アジアのスーパーアイドル・酒井法子容疑者に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕状が出たニュースは中国ファンにも大きな衝撃を与えた。中国紙は酒井容疑者と同じようにかつて中国の青年を虜にした日本の女性アイドルたちの「その後」を紹介した。写真は酒井容疑者。

Record China
2009年8月7日 16時31分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング