Record China

ヘッドライン:

<サッカー>「韓国に敗れた後に泣いた」=イタリアの英雄、「疑惑」の日韓W杯を振り返る―中国メディア

配信日時:2016年6月16日(木) 23時40分
拡大
2016年6月16日、騰訊体育によると、イタリアの伝説的なサッカー選手で、史上最高の左サイドバックと称されたパオロ・マルディーニ氏が、インタビューで2002年の日韓ワールドカップ(W杯)と中国のサポーターについて語った。

2002年W杯のベスト8をかけた試合でホスト国・韓国と対戦したイタリアは、「疑惑の判定」などもあり1−2で敗れた。試合後には、イタリアを応援していた多くの中国のファンが涙を流した。この試合に選手として出場していたマルディーニ氏は、試合後に涙を流したことを明かし、中国のファンの応援に感謝を示した。

マルディーニ氏は、「私はとても感謝している。実は、試合後には私も泣いたんだ。14年の代表生活をこのように終えるというのは、第2の家を離れるようなものだからね。でも、ACミランのチームと共に中国に来た時は、どの都市でも中国のサポーターの熱意に感動させられた。たくさんのサポーターがいたんだ。ACミランが輝かしい時代を送った90年代から今に至るまで、ずっとチームを支えてくれた。とても感謝しているよ」と語った。

中国のネットユーザーからは、「韓国に負けたんじゃなくて、審判に負けたんだ。世界じゅうの人がみんな見ていた」「だからこそ、今ではスペインとイタリアは韓国とやる時はボコボコにする(※2002年に同じく韓国に敗れたスペインが、先日の試合で韓国に7−1で勝利)」「あの時は、サッカーを見ていて初めてテーブルをひっくり返したよ。あんなにひどいジャッジを見たのは初めてだった」など、日韓W杯に関するコメントが多数寄せられている。(翻訳・編集/北田
在中、在韓日本人の情報大募集!
あなたが知っている中国や韓国で奮闘中の日本人をご紹介ください!ご連絡はこちらまで

関連記事

2002年のサッカー日韓W杯、先に招致申請したのは日本と韓国どっち?―韓国ネット

3日、国際サッカー連盟をめぐる汚職事件が世間をにぎわせている中、韓国のインターネット掲示板に「2002年日韓W杯の招致申請は韓国が先?日本が先?」と題したスレッドが立ち、サッカー好きのネットユーザーの議論が白熱している。写真はソウルの日韓W杯記念館。

Record China
2015年6月7日 5時20分
続きを読む

<サッカー>「日韓W杯はすべてが透明だった」「イタリア紙の主張はまったくのデタラメ」=モレノ主審が疑惑を一蹴―中国メディア

1日、網易体育によると、国際サッカー連盟の汚職をめぐる問題で、2002年に開催された日韓ワールドカップでの審判による「韓国寄り」のジャッジに再び注目が集まるなか、渦中の審判が自身の見解を激白した。写真はソウルの日韓W杯記念館。

Record China
2015年6月2日 20時10分
続きを読む

アルゼンチンのテレビ番組、日本人主審を笑い者に=「何がおもしろい?」「ちょっとやりすぎ」―中国ネット

18日、ブラジルワールドカップの開幕戦で主審を務めた西村雄一氏の“疑惑のPK判定”に世界中から皮肉が集まっている。これについて、中国版ツイッターに多数のコメントが寄せられている。写真はブラジルのスタジアム。

Record China
2014年6月19日 21時32分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング