「女子学生には歩道側を歩かせること」「飲料のふたを開けてあげること」など=大学の斬新な「学生心得」が意外に好評―中国

Record China    2015年10月23日(金) 15時50分

拡大

16日、中国の大学の「学生心得」が中国のネットユーザーの間で話題になっている。資料写真。

(1 / 2 枚)

2015年10月16日、中国の大学の「学生心得」が中国のネットユーザーの間で話題になっている。

その他の写真

新聞晨報によると、江西省南昌市の華東交通大学では、学生手帳の「華東交通大学学生行為規範」に新たに次のような項目が追加された。「女子学生に歩道側を歩かせること」「女子学生に飲料(瓶などもある)のふたを開けてあげること」「女子学生のそばを歩く時は、かばんを持っている方を避けること」。3つ目はわかりづらいが、「見知らぬ男がかばんに近づくと、ひったくりを警戒して身構えてしまうから」という理由らしい。

記事では、この学生の心得は学生らに好評だと伝えられているが、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では、「こういうのを『規則』にするのはどうかと思う。飲み物のふたは自分で開られれば開けるし、規則がないからって頼んでも断られることはないでしょ?」「なんかやり過ぎな感じ」「男女平等は?」「もともとやるべきことなんだから、わざわざ規則にする必要はない」といった批判的なコメントも多い。

もちろん、「すごくいいと思う。男性の結婚市場での競争力が上がるから」「男子学生をさらに紳士にするのは、別に悪いことじゃないわ」など、賛成派もいる。男女平等については、「混雑したバスから女子が押し出されるのも、エレベーターの乗り降りで女子が突き飛ばされるのも、みんな“男女平等”のせいよ」との反論も。珍しい取り組みだが、日本でも女性には歓迎されるかもしれない。(翻訳・編集/北田

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携