Record China

ヘッドライン:

日本、「ヘイトスピーチ規制法案」が国会に提出される=「どうせ通らない」「日本に興味はない、お好きにどうぞ」―韓国ネット

配信日時:2015年5月24日(日) 7時50分
拡大
1/2枚
2015年5月22日、韓国・聯合ニュースによると、ヘイトスピーチ(憎悪表現)を規制する法案が同日、日本の国会に提出された。

その他の写真

民主党の有田芳生議員や社民党の福島瑞穂議員など国会議員7人が、「人種等を理由とする差別の撤廃のための施策の推進に関する法律案」を参議院に提出した。この法案の基本原則に「人種を理由とした不当な差別、嫌がらせ、侮辱などで他人の権利と利益を侵害してはならない」という宣言が含まれている。また、差別の実態を調査する審議会を政府省庁である内閣府に設置し、首相に意見の提出及び勧告ができるとした内容や、政府と地方自治体に差別防止策を実施することを要求する内容が含まれている。ただし、罰則規定はない。

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。以下はその一部。

慰安婦問題についても何とかしなさい」
「そんな法案、通らんだろうな」
「民主党が何を言ったとしても、どうにもならんだろう。野党に力がないのはどこも同じだ」

「ファシズム性向の国は変化すること自体不可能だ。昔と同じだ」
「日本の民主主義が変質してきている」

「ヘイトスピーチでカネもうけができるのか?経済が良くなるのか?意味のないことをするな」
「韓国に対する劣等感からヘイトスピーチをするのかな?」
「ヘイトスピーチでも嫌韓デモでも好きにやってくれ。日本に興味はない」

「悪い国民はいない。悪い支配者がいるだけだ」(翻訳・編集/三田)

関連記事

日本の地方議会、相次いでヘイトスピーチに法規制求める=韓国ネット「もう手遅れ」「嫌韓デモの主導者は安倍首相!」

20日、韓国メディアは、日本でヘイトスピーチ(特定の国や民族に対する憎悪表現)を法律で規制しようという意見書を採択する地方議会が相次いでいると伝えた。これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

Record china
2014年12月25日 13時0分
続きを読む

「ヘイトスピーチ、許さない」日本政府がポスター1万6000枚=韓国ネット「ありがたい措置だ」「東京五輪のイメージ戦略?」

24日、韓国・聯合ニュースは、日本の法務省が在日韓国・朝鮮人などを対象に行われる嫌韓デモに積極的に対処することに、在日韓国人の期待感が高まっていると報じた。これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。写真は反韓デモ。

Record china
2015年3月25日 11時45分
続きを読む

「嫌韓」「嫌中」本と「日本礼賛」本が一大ブームに、日本人「自信喪失」の裏返し?―アベノミクス行き詰まりも背景

日本の週刊誌や月刊誌、夕刊紙などは、韓国や中国をこき下ろす記事でいっぱい。経済の先行きについて「破たん」「崩壊」といった一方的な見通しを強調したりする傾向も鮮明である。写真は中国人観光客で溢れる東京・銀座。

八牧浩行
2015年5月5日 7時16分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング