Record China

ヘッドライン:

「ヘイトスピーチ、許さない」日本政府がポスター1万6000枚=韓国ネット「ありがたい措置だ」「東京五輪のイメージ戦略?」

配信日時:2015年3月25日(水) 11時45分
拡大
24日、韓国・聯合ニュースは、日本の法務省が在日韓国・朝鮮人などを対象に行われる嫌韓デモに積極的に対処することに、在日韓国人の期待感が高まっていると報じた。これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。写真は反韓デモ。
(1/2枚)

2015年3月24日、韓国・聯合ニュースは、日本の法務省が在日韓国・朝鮮人などを対象に行われる嫌韓デモに積極的に対処することに、在日韓国人の期待感が高まっていると報じた。

その他の写真

報道によると、日本の法務省は「ヘイトスピーチ、許さない」というタイトルのポスターを1万6000枚製作し、2月に中央政府機関と傘下機関、地方自治体、公共機関などに配布したという。視覚効果の高い黄色の背景に黒の文字でヘイトスピーチの意味と、不許可の方針の理由を説明したものだ。報道は、「最近、日本の右傾化の波に乗って在日韓国・朝鮮人に対する兵とスピーチが行われている」と紹介している。ヘイトスピーチとは「憎悪表現」と訳され、特定の民族や国籍の人々を排斥する差別的言動を意味する。

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

「今になってなんだ」

「今まで傍観して韓流を駄目にしておいて、当初の目標を達成したからようやく動き出したんだろう」

「この対応は、日本の謀略の中でも秀作と言える」

「2020年の東京五輪を控えて、そろそろイメージ戦略か?」

「0.1%も仲良くしようなんて思わない」

「法で取り締まらない限り、形だけの対応になってしまうだろう」

「日本には嫌韓が根強く定着してしまっているようだ」

「在日同胞たちも、祖国に戻って来たらどうだ」

「在日同胞は韓国に戻って来るか、完全に日本人として暮らすか、どちらかにした方が良い」

「ありがたい措置だ」

「韓国政府は見物だけしている!」

「ポスター貼って終わりじゃないよね?」(翻訳・編集/三田)

関連記事

国際人権団体が日本を批判、「元慰安婦への賠償を拒否している」=韓国ネット「いつまでも日本らしくいて!」「この前日本に行って来たが…」

26日、韓国メディアによると、国際人権団体が従軍慰安婦問題やヘイトスピーチ問題をめぐる日本政府の対応を「国際的な人権基準から遠ざかっている」と批判した。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2015年2月27日 6時19分
続きを読む

日本の地方議会、相次いでヘイトスピーチに法規制求める=韓国ネット「もう手遅れ」「嫌韓デモの主導者は安倍首相!」

20日、韓国メディアは、日本でヘイトスピーチ(特定の国や民族に対する憎悪表現)を法律で規制しようという意見書を採択する地方議会が相次いでいると伝えた。これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2014年12月25日 13時0分
続きを読む

ランキング