Record China

ヘッドライン:

検索結果

<尖閣問題>解決策、「棚上げ」しかない=日中国交正常化時に「暗黙の合意」あった―栗山元外務次官

4日、栗山尚一元外務次官が東京新聞のインタビューで、尖閣問題の解決策について「国際的な紛争を解決する方法は三つ。外交交渉、司法的解決、解決しないことでの解決。最後の方法は棚上げと言えるだろうが、沈静化させるにはこの方法しかない」と言明した。資料写真。

2013年8月6日(火) 7時43分
続きを読む

<尖閣問題>米、「聖域化・早期対話」日中両国に要求=自民党、参院選公約「公務員常駐」除外―米外交筋

米外交筋によると、6月上旬の米中首脳会談では、尖閣諸島問題、オバマ大統領は習近平国家主席に対し「領土問題についてどちらかの立場は取らない。双方が問題を拡大しないよう早く対話してほしい」と日中が早期対話を通じて事態の沈静化を図るよう強く要求した。資料写真。

2013年7月3日(水) 7時56分
続きを読む

<尖閣問題>「棚上げ合意あった」園田外相発言、国会議事録に―石原共同代表や栗山元外務次官も認める

「尖閣諸島棚上げ合意」があったかどうかをめぐって論争になっている。1972年の日中国交正常化交渉時や1978年の日中平和友好条約締結時に話し合われたとされるが、日本の国会議事録や関係者発言などにより真相が明らかになっている。資料写真。

2013年6月7日(金) 7時39分
続きを読む

<尖閣問題>米オバマ大統領、「尖閣聖域化」働きかけへ=米中首脳会談の主要テーマに―米外交筋

米外交筋によると、6月7、8日両日に米カリフォルニア州のパームスプリング郊外で開催される米中首脳会談で、尖閣諸島を巡る日中間の争いを含むアジア太平洋地域の海洋安全保障問題が協議される。米オバマ政権、日中両国に「尖閣聖域化」を働きかける方針だ。資料写真。

2013年6月6日(木) 7時52分
続きを読む

<尖閣問題>日中間に「棚上げで暗黙の了解があった」=瀬野・前重慶総領事が明言―野中発言裏付ける

5日、瀬野清水・前重慶総領事は記者会見し、日中間で「尖閣諸島問題の棚上げで暗黙の了解があった」と言明した。野中広務元官房長官が訪中の際、「尖閣諸島の領有権問題を棚上げする日中合意があった」と発言したことを裏付けるもので、注目される。

2013年6月5日(水) 17時51分
続きを読む

<尖閣問題>日中両国に「尖閣棚上げ」を働きかけ=「公務員常駐」もってのほか―米外交筋

8日、米外交筋は、尖閣諸島をめぐる日中間の対立がこれ以上エスカレートすることは地域の安全を阻害し米経済利益への脅威につながると憂慮、米政府が両国に「自制」と「尖閣棚上げ」を強く求めたことを明らかにした。資料写真。

2013年5月9日(木) 8時46分
続きを読む

尖閣「現状維持」を日米首脳会談で確認=「公務員常駐」公約見合わせへ―米、日中修復促す

2月22日の安倍晋三首相とオバマ米大統領との日米首脳会談で、日中間で緊迫化している沖縄県・尖閣諸島問題について、ひとまず「現状を維持する」ことが確認された。安倍首相は「日本は常に冷静に対処する考えで、自制している」と明言した。資料写真。

2013年2月25日(月) 7時22分.
続きを読む

<コラム・巨象を探る>日中、戦略的互恵関係の原点に向け一歩踏み出す―安倍・習首脳会談も視野

山口那津男公明党代表が訪中し、中国トップの習近平総書記氏と会談、首相からの親書を手渡した。日中首脳会談について習氏は「ハイレベルの対話が重要であり、真剣に検討したい」と応じた。これにより日中関係は回帰の一歩を踏み出したことになる。資料写真。

2013年1月29日(火) 7時50分
続きを読む

ランキング