Record China

ヘッドライン:

検索結果

【CRI時評】流れに逆らう米国の台湾関連法、脅しに屈する者はいない

全世界は今、新型コロナウイルス肺炎に対する防御に取り組んでいる。その鍵となる時に、米国の一部政治家は依然として波風を起こしつつある。最近になり米連邦議会で、いわゆる「台北法案」を通過させたのだ。彼らは威嚇と利益誘導の手法で、台湾当局のいわゆる「国交」を強化し、いわゆる「国際空間...

2020年3月9日(月) 19時40分
続きを読む

<台湾の行方>習近平政権手詰まり、台湾アイデンティティー拡大「膠着状況が続く」=小笠原東京外大准教授

小笠原欣幸・東京外国語大准教授が「台湾総統選挙の分析と今後の台湾政局」と題して講演。蔡英文氏の総統選圧勝について、台湾アイデンティティーが広がり、国民党と中国政権の苦境が鮮明になったと分析した。

2020年2月18日(火) 8時30分
続きを読む

台湾人も中国公館で保護、中国が新たな優遇策、来年1月の総統選控え台湾側は「選挙干渉」と警戒

中国が新たな「台湾優遇策」を打ち出した。台湾人が海外で危険に遭遇した場合、中国の在外公館に保護や支援を求めることができるなどの内容。来年1月の台湾総統選を控え、総統府は「選挙に干渉」と警戒している。中華民国総統府サイトより。

2019年11月9日(土) 15時10分
続きを読む

ランキング