<写真特集>親離れ子離れの時期が来る前に…、私は息子のカメラマン!

配信日時:2020年10月11日(日) 14時30分
画像ID  1229447
日本ではインスタグラムを使って子どもの日々の成長を記録する人も多いが、中国でも写真を使ったこうした動きが見られる。
日本ではインスタグラムを使って子どもの日々の成長を記録する人も多いが、中国でも写真を使ったこうした動きが見られる。心理学の指導をする傍ら、子育てに励む竇晶晶(ドウ・ジンジン)もその1人だ。

竇の息子は現在、14歳。「もう大人になる一歩手前。そろそろ親離れ、子離れの時期だ」と考える竇は、旅行に行くときはいつも写真や映像でその姿や親子の触れ合いを記録するようにしているそうだ。

今回の作品は朝のカヌーの練習を捉えたもので、それには「思春期になると父親とのスポーツを特に好むようになりました。毎日息子の成長と変化を喜んでいますし、息子の世界から少しずつ離れるよう常に自分に言い聞かせています。もし全ての物語の結末が別れでも、残念がる必要はありません。母親として懸命に寄り添ってきましたし、将来振り返ることができるようにとたくさんの写真を撮るようにしているのですから」とのメッセージが添えられている。(翻訳・編集/野谷)

●竇晶晶(ドウ・ジンジン)
1980年生まれ。5年間の記者生活の後、心理学を学び始める。2016年に心理学のトレーニング機関を設立。運営責任者兼指導者として活躍中。
おすすめ記事

SNS話題記事