<写真特集>昆曲発祥の地、2500年以上の歴史を持つ中国・甪直鎮

配信日時:2020年5月30日(土) 18時20分
画像ID  1195858
30日、中国江蘇省蘇州市の甪直鎮で生まれ育った厳煥文が、故郷の文化を写真で紹介する。
2020年5月30日、中国江蘇省蘇州市の甪直鎮で生まれ育った厳煥文(イエン・ホアンウェン)が、故郷の文化を写真で紹介する。

上海から西に約70キロ進むと2500年以上の歴史を持つ甪直鎮にたどり着ける。ここは昆曲の発祥地だ。昆曲は漢族の伝統劇の中でも最も古いものの1つで、始まりは14世紀。その後、改良を経て全国へと広まったのだ。昆曲は明代の中頃から300年近くにわたり、中国の演劇界を引っ張った。

今回撮影したのは昆曲の役者だ。撮影の舞台にした「光影墅」と呼ばれる建物には150年の歴史がある。(翻訳・編集/野谷)

●厳煥文(イエン・ホアンウェン)
1944年生まれ。中国江蘇省蘇州市の甪直鎮出身。十数年前に撮影に興味を持ち、故郷の人々や風物をテーマとすることに。故郷への愛を作品に込め、後世の人に残すことに喜びを感じている。本人いわく、「特別な受賞経験はないが、故郷の歴史、文化をしっかりと記録していきたい」。
おすすめ記事

SNS話題記事