<写真特集>被写体の薄い写真の美―幽玄と力強さ

配信日時:2016年7月21日(木) 19時40分
画像ID  516190
「写真は捉えた画面の外側にあるものを追究しないとならない」と語る写真家の吟寂。彼の作品は、個々の被写体にフォーカスしているというよりも、画面に写りこんだ各要素で成り立つコンポジションに重きが置かれている。
「写真は単なる被写体の再現であってはならないし、時間や風物の変遷を記録するものであってもならない。捉えた画面の外側にあるものを追究しないとならない」と語る写真家の吟寂(インジー)。風景写真を中心とした彼の作品は、個々の被写体にフォーカスしているというよりも、画面に写りこんだ各要素で成り立つコンポジション(画面構成)に重きが置かれている。被写体の存在は薄く、あまり重要視されていないのだ。

全体に薄くベールのかかったような画面は山水画の幽玄の世界のようで、ぼんやりとやわらかな静寂に包まれている。しかし、水、森、空といった背景を大きな余白に見立て、要所要所に置かれた被写体(あるいは前景)とダイナミックな対比をなして大胆な画面構成を形作り、シンプルながら力強さも秘めている点が大きな特徴だ。

作品のタイトルも「日暮平沙秋草乱」「舟行清浅水村晩」「帯酔扶帰」などまるで漢詩を思わせるような情緒あるものが並び、作品の世界により一層含みを持たせている。(文/山上仁奈)

●吟寂(インジー)
浙江省青田県出身。写真家、大学写真教師。中国写真家協会会員。代表作に「寒江空憶」「空山人語」「舟行清浅水村晩」など。
まだ知られていない日中に関する情報
レコードチャイナを通じて世の中に発信しませんか?ご連絡はこちらまで
おすすめ記事

SNS話題記事