<写真特集>静かなる故郷―霧に覆われた山水

配信日時:2016年8月5日(金) 15時0分
画像ID  515739
周囲の喧噪に惑わされず、ただ寡黙な平常心で創作を続ける風景写真家・恒父。そのストイックさは晩秋の早朝のように、身を引きしめ、また寂寞を感じさせる作品群となって表れている。
「恒父(ハンフー)の作品世界は、『禅』という一言が体現するように思う」。アートシーンで活躍する若手編集者兼カメラマンの傅為新(フー・ウェイシン)氏は、フォトグラファー・恒父を簡潔にこう評した。その心は静かで涼やか、一点の曇りなく、超然として自由闊達の境地に漂っている。そして写真は“記録する”という機能を抜け出して、芸術の翼を広げ出すと。

同氏によれば、風景写真家の恒父は孤高を愛する芸術家。既存のスタイルの模倣に終始し、功利主義が叫ばれ、少々うわつき気味な現代中国の写真美術界だが、恒父はそんなメインストリームを嫌い、寡黙な平常心を保ち、“自然より出で自然に帰するような”忘我の境地で創作を続ける。本人自身も、こう語っている。「金銭、美しい風景…そんなものは容易に見つかる。しかし、それでは心は動かない。体裁、形式、形あるもの……そんなものは容易につくろえる。しかし、自我の確立には至らない。風雨に耐え、喧騒を避け、我を忘れた者こそが芸術の修練を続けることができるのである」。

そんなストイックな彼の作品群「静かなる故郷」は、肌寒さを体感させるようなひんやりとした空気感に包まれている。霧や靄のベールに覆われた山水。その清澄さは晩秋の早朝のようであり、身を引きしめ、また寂寞を感じさせる。(文/山上仁奈)

●恒父(ハンフー)
1960年生まれ、浙江省開化県出身。風景写真家。浙江省杭州市を拠点に創作活動をしている。代表作に「静かなる故郷」「生命の形式」「水の伝説」など。
まだ知られていない日中に関する情報
レコードチャイナを通じて世の中に発信しませんか?ご連絡はこちらまで
おすすめ記事

SNS話題記事