珈琲海岸

中国のフリーカメラマン。5歳で暗室での現像作業に触れ、失敗に終わるも、30代で一眼レフでの撮影を正式に始める。写真愛好家サイトや自身のホームページで発表する作品が人気を集めている。思考や理性ではなくインスピレーションを重視しており、作品の解釈も見る人それぞれに任せるスタンスだとしている。代表作に「魔界」「迷境」「色と情感」など。
  • 1件中1~1件を表示しています。
  • 魔界―自然の神秘と人類の愚行
    2016年7月29日(金) 20時50分
    「写真はドキュメンタリーとアートの中間でありたい」と考える写真作家・珈琲海岸が発表した連作「魔界」には、どのようなメッセージが込められているのか?そこには、自然のもたらす神秘的かつ霊的な風景の裏に隠された意味があった。
おすすめ記事

SNS話題記事