2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

海野恵一

1948年生まれ。東京大学経済学部卒業後、アーサー・アンダーセン(現・アクセンチュア)入社。以来30年にわたり、ITシステム導入や海外展開による組織変革の手法について日本企業にコンサルティングを行う。アクセンチュアの代表取締役を経て、2004年、スウィングバイ株式会社を設立し代表取締役に就任。2004年に森田明彦元毎日新聞論説委員長、佐藤元中国大使、宮崎勇元経済企画庁長官と一緒に「天津日中大学院」の理事に就任。この大学院は人材育成を通じて日中の相互理解を深めることを目的に、日中が初めて共同で設立した大学院である。2007年、大連市星海友誼賞受賞。現在はグローバルリーダー育成のために、海野塾を主宰し、英語で、世界の政治、経済、外交、軍事を教えている。海外事業展開支援も行っている。

著書はこちら(amazon)
facebookはこちら
  • 6件中1~6件を表示しています。
  • 儒教に学ぶ人間関係を作る上での極意
    2019年1月8日(火) 21時0分
    「格物致知」とは昔の儒学者が物の本質を見極めようとしたことばです。その意図は人間関係を作る上での極意なのです。資料写真。
  • 江戸の儒学者から学ぶ、コミュニケーションの要諦
    2018年11月30日(金) 18時30分
    江戸の儒学者、中江藤樹は「忍んで百忍に至れば満腔の春」と言いました。耐えていけば、心が動かなくなります。耐えると言う言葉の背景は、慢心せず、謙虚に、喜怒哀楽があっても、平常心を保って事にあたれるようになれということなのです。資料写真。
  • 今の日本人が欠落していること、儒学から見る天下の治め方
    2018年10月29日(月) 9時40分
    昔の中国人は、人間関係の基本は「大学」の「修身斉家治国平天下」だと言った。「修身斉家治国平天下」に対して、私の考えを今回は述べていきたい。資料写真。
  • 今の日本人はアイデンティティを失くしてしまった
    2018年10月10日(水) 20時50分
    儒学は5世紀に、仏教と同時に日本に渡来してきたのだが、仏教とは異なり、民衆に普及されることはなかった。写真は儒教の始祖である孔子の像。
  • 日本の精神は中国の儒学に影響を受けた
    2018年8月26日(日) 14時50分
    江戸時代には徳川家康が日本の精神として中国の儒学をその根幹として採用し、約270校の藩校を全国につくり、1万6千以上の手習所や寺子屋を作った。資料写真。
おすすめ記事

SNS話題記事