Record China

ヘッドライン:

八牧浩行

職業/ジャーナリスト

激動ニュースの裏を読む!

1971年時事通信社入社。 編集局経済部記者、ロンドン特派員、経済部長、常務取締役編集局長等を歴任。この間、財界、大蔵省、日銀キャップを務めたほか、欧州、米国、アフリカ、中東、アジア諸国を取材。英国・サッチャー首相、中国・李鵬首相をはじめ多くの首脳と会見。現在、日中経済文化促進会会長。Record China相談役・主筆。東京都日中友好協会特任顧問。時事総合研究所客員研究員。著・共著に「中国危機ー巨大化するチャイナリスクに備えよ」「寡占支配」「外国為替ハンドブック」など。趣味はマラソン(フルマラソン12回完走=東京マラソン4回)、ヴァイオリン演奏。

<日中国交正常化45周年>10万人が参加する日中交流イベント、東京で10月開催―福田元首相「相互理解進めば政治の不安定をカバー」

日中両国国民の交流イベント「チャイナフェスティバル2017」の発表会が駐日中国大使館で開かれた。日中国交正常化45周年の節目の年にあたり、両国関係を発展させることが狙い。福田康夫元首相や程永華駐日本大使らが出席し、民間交流の拡大を訴えた。写真は発表会。

2017年7月28日(金) 10時0分
続きを読む

米中経済の逆転、現実的視野に=「IMF本部10年後に北京に」IMFトップ発言の衝撃―日中の識者が近未来シナリオを予測

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事が7月24日、「中国の経済成長が続けば10年後にはIMF本部を北京に移す可能性がある」との見方を披露したことで、経済規模の「米中逆転」が改めてクローズアップされている。資料写真。

2017年7月27日(木) 5時10分
続きを読む

トランプ米大統領、11月に訪中し中国に北朝鮮制裁強化迫る=軍事攻撃は見合わせ、近く米統合参謀本部長が北京で事前交渉―米国防関係者

米安全保障関係者によると、米トランプ政権は北朝鮮問題への軍事的行動に当面踏み切らず、中国に対し、石油の輸出差し止めを含む強力な制裁措置に踏み切るよう要求する方針。トランプ大統領は11月に訪中。近く米統合参謀本部長が訪中し北京で中国側と交渉する。資料写真。

2017年7月26日(水) 5時10分
続きを読む

ランドセルプレゼントの“謎の人物”「伊達直人」がベール脱ぐ=養護施設の子どもたちへの支援の輪―「タイガーマスク運動」広がる

2010年12月のクリスマスに漫画「タイガーマスク」の主人公「伊達直人」を名乗った人物が、前橋市の児童施設にランドセル10個をプレゼント。全国で反響を呼び、各地で同じような支援活動が相次いだ。この謎の人物が初めてベールを脱いだ。資料写真。

2017年7月25日(火) 5時10分
続きを読む

メキシコ経済相、NAFTA見直し「拡大均衡なら検討、日本企業守る」=米“国境壁計画”「良い考えではないが協力可能」―東京で記者会見

メキシコのビジャレアル経済相が日本記者クラブで会見し、北米自由貿易協定(NAFTA)の見直し協議に触れ、貿易の「リバランス(再均衡)」について、「貿易を拡大する方向なら検討の余地がある」との認識を示した。

2017年7月21日(金) 5時20分
続きを読む

上半期の訪日外国人客、17%増の1375万人、韓国が中国抜き4年ぶりトップに―旅行消費額、初の2兆円超え

日本政府観光局によると、6月の訪日外国人客は前年同月比18.2%増の234万6500人と6月としての過去最高を記録した。この結果、今年上半期(1〜6月)の訪日外国人客は前年同期比17.4%増の1375万7300人に達した。資料写真。

2017年7月20日(木) 6時5分
続きを読む

西安交通大の陳星竹さんが優勝「人と人、国と国の絆を強化し、日中相互理解を実現したい」―第12回全中国選抜日本語スピーチコンテスト

中国の大学生を対象にした第12回「全中国選抜日本語スピーチコンテスト」が東京・大手町で開かれた。中国での予選を勝ち抜いた16人が参加。西安交通大学の陳星竹さん(22)が優勝した。写真は同コンテスト。

2017年7月20日(木) 5時10分
続きを読む

東芝、タカタ、日本郵政…日本企業の海外管理体制に課題=M&A減損・不適切会計噴出

かつて破竹の勢いだった日本企業の海外進出だが、このところ生彩を欠いている。特に海外の管理体制をめぐる問題が噴出。M&Aで傘下に収めた海外子会社で減損などの損失計上を迫られたり、現地法人の不適切会計が発覚したりする事例が相次いでいる。写真は東証。

2017年7月8日(土) 5時20分
続きを読む

<2025年問題>住み慣れた土地・人間関係の中で人生の終焉を!=在宅医療25年の“出前医師”が看取り改革を訴える

在宅医療支援システムを推進している医療法人「アスムス」の太田秀樹理事長が日本記者クラブで会見。団塊世代が75歳以上になる「2025年問題」を乗り越えるために、在宅医療を推進し、“在宅看取り率”を引き上げるよう訴えた。

2017年7月7日(金) 5時20分
続きを読む

「2025年問題」の次は、団塊ジュニアが65歳以上となる「2035年問題」が到来!=超高齢社会どう乗り切るか―塩崎厚労相

塩崎厚生労働相が会見し、日本では団塊の世代すべてが75歳以上となる「2025年問題」に続いて、団塊ジュニアが65歳以上となる「2035年問題」が到来すると警告。超高齢社会どう乗り切るか抜本策を講じるべきだと訴えた。

2017年7月4日(火) 5時10分
続きを読む

<日本の対北朝鮮防衛>敵基地攻撃やTHAAD導入は慎重に=金正恩は父・正日より能力高い―朝鮮半島専門家

北朝鮮情勢に詳しい道下徳成・政策大学院大学教授が日本記者クラブで講演。日本が米韓のように本格的な攻撃能力を保有する必要はないとの見解を示した。金正恩朝鮮労働党委員長について「能力は父親の金正日より上で、今のところ北朝鮮にとっての失政はない」と指摘した。

2017年6月28日(水) 5時20分
続きを読む

前川前文科省次官、読売・NHKを痛烈批判「メディアが私物化されれば、日本の民主主義は死んでしまう」―会見で“国家権力との連動”を危惧

前川喜平前文部科学省事務次官が学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り日本記者クラブで会見。政権側に立った報道の見解が目立っているとし、「このままメディアが私物化されれば、日本の民主主義は死んでしまう」と警鐘を鳴らした。写真は会見。

2017年6月23日(金) 21時44分
続きを読む

ランキング