Record China

ヘッドライン:

立石信雄

職業/実業家

日本と世界の未来、「マネジメントのノーベル賞」受賞者が斬る!

1959年立石電機販売に入社。1965年立石電機(現オムロン株式会社)取締役。1995年代表取締役会長。2003年相談役。 日本経団連・国際労働委員長、海外事業活動関連協議会(CBCC)会長など歴任。「マネジメントのノーベル賞」といわれるSAM(Society for Advancement of Management)『The Taylor Key Award』受賞。同志社大名誉文化博士。中国・北京大、南開大、上海交通大、復旦大などの顧問教授や顧問を務めている。SAM(日本経営近代化協会)名誉会長。公益財団法人・藤原歌劇団・日本オペラ振興会常務理事。エッセイスト。

<羅針盤>コロナウイルスが世界で蔓延=海外邦人の「安全・安心」にも配慮を!―立石信雄オムロン元会長

新型コロナウイルスとの闘いが、世界的に深刻な状況に陥っている。イタリアやスペインでは、医療崩壊によって死者が激増、世界中の多くの国で国境封鎖や外出禁止措置がとられている。写真はロンドンの大英博物館。

2020年4月5日(日) 7時20分
続きを読む

<直言!日本と世界の未来>米・イラン「戦争回避」に安堵=今こそ日本の出番―立石信雄オムロン元会長

新年早々米国とイランがあわや軍事衝突かとのニュースに衝撃を受けたが、その後両国ともに自制的に対応したため、ほっとした。まだまだ油断ならないが「戦争は望んでいない」とのトランプ米大統領の言葉を信じたい。

2020年1月12日(日) 7時0分
続きを読む

ランキング