2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

黄 文葦

在日中国人作家。日中の大学でマスコミを専攻し、両国のマスコミに従事。十数年間マスコミの現場を経験した後、2009年から留学生教育に携わる仕事に従事。2015年日本のある学校法人の理事に就任。現在、教育・社会・文化領域の課題を中心に、関連のコラムを執筆中。2000年の来日以降、中国語と日本語の言語で執筆すること及び両国の「真実」を相手国に伝えることを模索している。

Facebookはこちら
  • 日本に来て驚いたこと「生で食べられるなんて」
    2018年8月15日(水) 18時20分
    「黄さんは家でどんな中華料理を作りますか」と日本人に聞かれることがある。「中華料理でもないし、日本料理でもない、実は無国籍料理を作っています」こんな曖昧な回答だと、相手を当惑させるかもしれない。資料写真。
  • 日本人におススメ!WeChatは中国の社会を知る近道
    2018年7月30日(月) 9時50分
    日本人も使う人が目立つようになったWeChatは、中国の代表的なSNSの1つだ。中国でビジネスを展開するなら、日本企業はWeChatを上手く利用したほうが良いだろう。写真はWeChatのスマホアプリ。
  • 日本人は感動を作るのが得意、ただ、時には見守ることも大事
    2018年7月20日(金) 19時50分
    西日本は重大な水害に襲われた。全国各地から多数の千羽鶴が真っ先に被災地区に送られたが、被災地には何よりも救援物資やお金が必要である。写真は千羽鶴。
  • 中国と日本のお寺で、歴史の旅をした
    2018年6月20日(水) 19時10分
    6月2日、週末の北鎌倉は、観光客でたいへん賑わっていた。私も北鎌倉へ、目的地は円覚寺であった。写真は筆者提供。
  • 日本を恨んでいた中国人留学生が、日本を好きになった理由
    2018年5月31日(木) 23時30分
    私はよく本屋さんを巡っている。日本の本屋さんでは、中国関連の本が大きく分けて二種類ある。一つは「三国志」「史記」「水滸伝」といった中国の時代小説。もう一つは、いわゆる「嫌中本」である。写真は日中の書店。筆者提供。
おすすめ記事

SNS話題記事