米国でアジア系住人への「差別事件」が多発、女性被害者は男性の2.3倍

Record China    2021年3月28日(日) 12時10分

拡大

米国の民間団体の調べによると、多発しているアジア系住人への差別事件で、女性被害者は男性の2.3倍と分かった。中国系住民の約6割が、「差別」に遭遇したとの調査結果もあるという。写真はニューヨークの風景。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携