<コラム>夏王朝、治水の成功者がその国のリーダーになった。では、今の日本は?

工藤 和直    2020年7月17日(金) 23時20分

拡大

帝禹陵は、夏王朝発祥の中原でなく約1000km南、浙江省紹興市会稽山にある(写真1)。春秋時代越王「勾践」の都である。勾践は夏王朝の流れを組む一族であったという。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携