香港特区長官、国家安全法制導入の合理性を主張 「恐れることはない」と呼びかけ

CRI online    2020年6月3日(水) 18時20分

拡大

香港特別行政区の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官はCGTN記者の取材に応え、「全国人民代表大会は二段階のステップで国家安全法制の導入を進める計画だ。これは合理的で合法的なものである。国際社会には、同法律によって香港の自由が奪われたと唱える人もいるが、全く根拠のない意見である。香...

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携