<コラム>パンデミックが繰り返された中国歴代王朝の歴史から、今後を考える

工藤 和直    2020年5月4日(月) 22時40分

拡大

(1 / 2 枚)

中国4000年に多くの王朝が起こり、そして滅んだ。その王朝末期に見られるのが、洪水・旱魃などの自然災害→疫病と大飢饉→経済の破綻→農民革命である。

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携