【CRI時評】中米首脳が経済貿易摩擦にブレーキ、「互恵・ウィンウィン」は「向き合って進む」が依然必要

CRI online    2018年12月2日(日) 16時10分

拡大

(1 / 3 枚)

 8カ月余り続いた中国と米国との経済貿易摩擦は、ようやく年末に重要な転機を迎えた。 12月1日、G20アルゼンチン・サミットに共に出席した中国の習近平国家主席と米国のトランプ大統領が会談した。中米経済貿易摩擦が激しくなった今年3月以降、両国首脳が面会するのはこれが初めてだ。双方は...

 8カ月余り続いた中国と米国との経済貿易摩擦は、ようやく年末に重要な転機を迎えた。 12月1日、G20アルゼンチン・サミットに共に出席した中国の習近平国家主席と米国のトランプ大統領が会談した。中米経済貿易摩擦が激しくなった今年3月以降、両国首脳が面会するのはこれが初めてだ。双方は...

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携